※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。



努力値の基礎編

さて努力値を稼ぐぞー! 
でも闇雲に戦ってはいけません

ポイントの割り振りには制限があり、HP・こうげき・ぼうぎょ・とくこう・とくぼう・すばやさ と
それぞれに最大255ポイントまで振れますが
そのポケモン1匹に対して最大510ポイントまでしか振れません

ということは、例えば・・・
HPとこうげきに255ポイントずつ振る(255+255=510)
HPに255ポイントと、こうげきととくこうに128ポイント(254+128×2=510)
全部のステータスに100ポイントずつ振って残り適当(100×5+10=510)
とかいろいろなやり方が出てきます


努力値稼ぐのにどれ倒していけばいいの?

主に出現しやすい簡単なところでいくと
HP・・・ビッパ 
こうげき・・・コロトック ビーダル ギャラドス アズマオウ
ぼうぎょ・・・イシツブテ イワーク ゴローン
とくこう・・・ゴース ゴルダック
とくぼう・・・メノクラゲ ドククラゲ タマンタ
すばやさ・・・コイキング ズバット ムックル ムクバード

この辺で1本に絞るようにして倒すようにしてください
(ウッカリ違った敵を倒しちゃうとやり直しに・・・)
これらの情報は公式の攻略本を見ても載ってはいないので
詳しいことはぐぐったりするなりで調べてください


具体的にどう振ればいいの?

ではサンダース(素早いポケモン)で説明します

この子の場合は とくこう255 すばやさ255 に振る場合がほとんどです
(注意:本来は252振れば十分ですが簡潔にしてます)

この子で素早さを疎かにした場合、本来ならこの子より少しだけ遅い
プテラやダグトリオにあっさり抜かれてしまい
地震を食らってすぐ戦闘不能になってしまいます
(先制の爪だとかイバンの実とかそういうのは知りません)

なので、速さで抜かれないように素早さに努力値を振り、
そして相手を確実に倒せるように特攻に振る という形になっており
こういう2つに絞ったタイプが一番扱いやすくなっています


ぼうぎょ とか とくぼう いらなくね?

ということはありません
こういうのもちゃんと振っておくと、弱点を食らっても1発は確実に耐えます!
なんてこともできます
主に耐久ポケモンは調整してこれに振ります


努力値デタラメに降っちゃったよ!!

ストーリーで使ったポケモンは大体これになります
実は…一番これが扱いにくい…です
弱くはないけど、強くもない。 ××は倒せるけど○○が倒せなくなった など
中途半端になることがまず多いです
ただ振り直しはあることしたらで出来るので次のページで説明します


努力値を振ったらいつステータスの数値が上がるの?

レベルアップした時にステータスが通常+1~3くらい上がるのが、
突如+7~11くらいに上がります
これは努力値で稼いだポイントが上乗せされているだけなので
ずっと続くわけではありません

後、レベルが上がらずとも努力値振り終わったら
PCに預けてみるだけでステータスがいきなり上がります


振り終わった時の目安は?

510振り終わってたら、ナギサシティのバザーでがんばリボンが貰えます
振り終えてないと逆にリボン貰えないので再度稼がないといけません
努力値を稼ぐ時は注意して戦いましょう


計算めどくね? しかも何百回も戦闘しないといけないの?

めどいです
でも数百回も戦う必要はなく
条件揃えれば30分~1時間前後で終わります
条件というのを次の補助アイテム編にて色々説明します
多少ごちゃごちゃするので、めどい人は実践編を見てください



ポケモンの技の組み合わせや特性、努力値の振り方で
戦い方に違いが出てくるようになります
自分に合ったタイプや自分流のコンボでも考え出してみましょう