オーバ&デンジ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

◆べっそう
●1
オーバ『うーん……

デンジ『どうした?
めずらしく マジメな かおして

オーバ『ここ みてるとよー
ポケモンリーグって じみ だろ?

もっと いろいろ かざって
はでにしたほうが よくないか?

デンジ『やめろ! オレが
かいぞうした ジムが めだたなくなる

●2
オーバ『……デンジ

デンジ『……なんだ?

オーバ『オレが ポケモン だすとき
アフロから ポケモン でてきたら

あいては ビックリするだろうな!
おもしろいと おもわないか?

デンジ『……そうかもな
ただ ひとに めいわく かけるなよ

●3
オーバ『なあなあ デンジ
ここで ポケモンしょうぶ しようぜ!

デンジ『……それは ありえないだろう

それだから してんのうは
じょうしきしらず とか いわれるんだ

オーバ『そうなのか?

デンジ『ああ すくなくとも オレは
おまえのことを じょうしきしらず って
みんなに おしえている

●4 (台詞はそれぞれ単独)
デンジ『オレと オーバの かんけい?
ただの くされえん というやつだ

オーバ『おい! おまえ!

ここの かぐを かうのに
オレの しょうきんを つかっただろ?

だから オレが ここで
くつろいでも いいだろ!?

●5 (台詞はそれぞれ単独)
デンジ『オレが はじめて
ジムバッジを てにいれたときに
つかった わざが 10まんボルト!

あのときの うれしさを わすれないため
オレは でんきタイプに こだわりながら
つよさを もとめている

ちなみに オーバは じぶんのなまえが
わざの オーバーヒートに にているから
ほのおタイプに こだわっているだけだ

オーバ『おう おまえ!

デンジのやろうが でんきポケモンを
おすすめ しても あいてするなよ!

これからのじだい やっぱ
ほのおポケモン だからさ!
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。