※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。




キャラクター詳細




  • 名前: 立花真琴(タチバナ マコト)
  • 性別: 女
  • 年齢: 17歳
  • 性格: 中性的な容姿で一見では性別を判断しにくいが女。一人称は「私」。日常では普通の女子高生だった。落ち着いた性格だが、感情の起伏が少ないわけではなく、嬉しい時には笑い、悲しい時には泣く。年上には敬語。今の事態に狼狽しているものの正義感は強く、老人や子供を助けるために体を張って戦う一面も。過酷な状況におかれ、辛い目にあってもそれに耐え忍ぶ強い精神を持ち合わせているが、兄の生死によってそれが脆くなる可能性あり。責任感の強い性格のため、アルれおの子供二人を連れ、ハンターのGGGも加わりアルビノ少年三人と行動を共にする事に。



  • モールに来た経緯: 家庭の事情で幼い頃から離れ離れで暮らしていた兄と数年ぶりに会う約束をし、待ち合わせ場所にと2人で指定していたのがショッピングモールだった。逃げた今でも兄の行方を探している。



  • 所持品: 鉄パイプを手に今は行動しているが、モール内の使えそうな物や、使うよう言われたのなら拳銃も使う覚悟。
  • 戦闘技能: 生まれつきなのかウィルスに対する抗体。殺傷作用が血清に備わっていたのでゾンビにはならない。ただ怪我を負った際、傷口から入ったウィルスによって一時的な発熱と衰弱を起こす。



  • 生還率:70%


その後

  • 12月に覚醒したれおに襲われるも、何とか生還。


関連群像劇