※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

マルドゥーク・ハヤカワ・3号


キャラクター詳細


  • 名前:マルドゥーク・ハヤカワ・3号(マルドゥークが名字でハヤカワはミドルネーム、3号が名前)
  • 性別:女
  • 年齢:外見年齢17歳程度
  • 性格
全体的にダウナーであまりやる気が無い。毒舌持ちでマイペース。
戦闘もあまりやる気無くこなすが長引くと本気を出すようになり周囲の状況も顧みずに敵を倒していく。
この特性と武器も合わせてか生存者たちからは評判がことごとく悪く「半端なゾンビよりもゾンビらしい」「電子頭脳にウジでも湧いてんのか」とまで追われる始末である。
…と言った割には戦闘描写が全く描かれていないので具体的にどういったものなのかよくわからなかったりする。
ニナとは「キャラが被っている」と言うことで仲が悪い。ちくわ犬とはののしりあう仲。

  • ハンターになった経緯
クイックス社が開発した新型家政婦兼警備ロボットの試作3号機。本来は逃亡した0号機の捕獲が任務だが、会社がたまたまモールに近かったために社長命令として周辺警備としてモールに駆り出されることとなった。

  • 使用武器
徒手空拳、右腕:アームマシンガン×1、左腕:フレキシブルアーム「ZGOK」×1。
だが最大の特徴は背中に2基搭載されたワイヤーアームである。
ワイヤーアームにより破損した部位をジャンクから素早く回収・修復することが可能。
左手と脚部もそういった経緯による現地改修品である。

  • 戦闘法:壊れる→治す、の繰り返しである。要するに大雑把に戦っている。

  • 成功率:75%。同行者の生存率-15%。