※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

アルバム全曲レビューするスレ (2007)

119 名前:名盤さん[] 投稿日:2007/09/21(金) 23:48:33 ID:4Oc38dZm
Arctic Monkeys / Favourite Worst Nightmare

1. Brianstorm ★★★★☆
怒涛のドラム、唸るベースでライトな1stのイメージが一気に吹っ飛ぶ。
ダークでヘビーなアルバムを特徴づける渾身のリードナンバー。

2. Teddy Picker ★★★☆
1曲目が必殺アッパーだとしたら、この曲は様子見のジャブといったところ。
この曲のハイライトは2分15秒からのアレックスの畳み掛けるようなボーカル。

3. D Is For Dangerous ★★★★
アレックスとマット(Dr.)の掛け合いが最高な、猿らしい一曲。
クセになりそうなベースリフが魅力。

4. Balaclava ★★★★★
一言で言えば変態ナンバー。個人的にはアルバムで一番好き。
嵐が去った後のような後半のシンプルさが最高にクール。

5. Fluorescent Adolescent ★★★★
アルバムの中で最もポップな曲。
しかし歌詞は、若いころはあんなに輝いてたのに今は・・・というおセンチな内容。

6. Only Ones Who Know ★★★
前作のライオット的なポジションのスローナンバー。
単体だと聴いていて退屈だが、アルバムの流れで聴くとアリ。

120 名前:名盤さん[] 投稿日:2007/09/21(金) 23:49:36 ID:4Oc38dZm
7. Do Me A Favour ★★★☆
猿 meets ベンチャーズな一曲。前半穏やか・後半爆発なのだが、
爆発までが若干長く単調なので、たまに飛ばしたい衝動にかられることも。

8. This House Is a Circus ★★★★
妖しい雰囲気を放つ、クールな一曲。
前作もそうだが、前半だけで弾切れしないのはさすが。

9. If You Were There, Beware ★★★☆
前作のバンパイアとロマンスを足して2で割ったような曲。
蛇足に感じてしまう箇所が何箇所かあるのが残念。

10. The Bad Thing ★★★☆
疾走感溢れるナンバー。結婚指輪を外してイケないことしようよなんて歌っているが、
本人がまだ若いため、若干の違和感がある。

11. Old Yellow Bricks ★★★★
メロディアスなダンスナンバー。途中でメタルばりのギターがあったりと
猿には珍しい感じの曲。

12. 505 ★★★★☆
二つのコードだけでこれだけ曲が広がるっていうのはすごい。
絶妙なループ感で、ハマるとクセになる一曲。

121 名前:名盤さん[] 投稿日:2007/09/21(金) 23:51:03 ID:4Oc38dZm
総評:★★★★
猿のセカンドアルバム。前作とうって変わってダークでヘビーな仕上がりとなっており、
どの曲も一筋縄ではいかない印象を与える。
前作にあったダンスフロアやサンゴーズダウン、サンフランシスコといった
一聴してヤられるようなキラーチューンが少ないのは残念であるが、作品のクオリティー自体は
相変わらず高く、完全に自分たちのサウンドを確立しているのがうかがえる。名盤A-。(ちなみに前作はA+)