※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

☆ アルバムを全曲レビューするスレ ☆

104 :荻野目洋子萌え :sage(ry):2005/09/26(月) 00:36:59 (p)ID:SAxEfyei(5)

   Bon Jovi       「Have a Nice Day」 2005/09/14リリース

   <★2点 ☆1点>
   01.[ Have a Nice Day    ]★★★★★:洋楽バンドで23年ぶりのオリコンシングルTOP10入りしたシングル。
                           過去の名曲に比べると落ちるけど、ノリが良くて聴きやすい。
                           中毒性もあるしボンジョビらしいシングル曲。
                           悪く言えばクラッシュ収録の「イッツ・マイ・ライフ」の焼き直し。
   02.[ I Want To Be Loved  ]★★★☆  :↑からの流れをしっかりと受けとめることができる曲。
                           ACAC間奏CとBメロがなくあっさりとした構成で早めにCサビに
                           繋げて、聴き手を飽きさせない。4分にも満たない小作品で
                           しっかりと3曲目につなげている。
   03.[ Welcome To Wherever
   ]★★★★  :一転アコギで静かに始まりBメロで整えてCサビへ。
      You Are                 サビは、ワムの「ラスト・クリスマス」そのものだが、ボンジョビ色
                           にうまく染めている。
   04.[ Who Says You Can't ]★★★★ :バングルズの「マニックマンデイ」のようなイントロから始まり80年代の
      Go Home                女性ロックバンドみたいな爽やかな曲。
                           ギターの音色が80年代を彷彿とさせる。
   ────────────────(中盤)───────────────────


106 :2 :sage(ry) :2005/09/26(月) 00:38:36 (p)ID:SAxEfyei(5)
   05.[ Last Man Standing  ]★★★☆  :疾走感あふれるアップテンポで、アルバムの流れを変える曲。
                            シンプルでボンジョビ特有の甘さが無いのでサラっとしていて
                            聴きやすい。
                            小林武史がいたら、このAメロをもっとかっこよくしてくれるだろう。
   06.[ Bells Of Freedom   ]★★★★  :ジョンレノンの「Happy Xmas」と同じギターのストロークで
                            独特のリズムを持ったバラード。
                            このアルバムではスロウバラードとしての勝負曲だろう。
                            Cサビのメロディに新鮮味が感じられないので8点どまりで。
   07.[ Wildflower        ]★★★☆  :開放感溢れるアメリカのロックバンドらしいミドルナンバー
                           大したメロディではないけど、アメリカ人には人気がありそう。
   08.[ Last Cigarette     ]★★★☆  :アブリルが歌いそうなノリノリの曲で、「ワイルドインザストリート」
                           に近いかな。それにしてもCサビの美しさ、コーラスワークは見事で
                           Dメロの位置に、Cサビのコーラスだけもってきたりして聴き手に
                           飽きさせないように随分丁寧に作ってるな~って感じる。
   ────────────────(後半)────────────────────

107 :3 :sage(ry) :2005/09/26(月) 00:39:50 (p)ID:SAxEfyei(5)
   09.[ I Am           ]★★★★☆:このアルバムのクライマックス。
                           ハードロックバンドらしい力強い曲で、AメロからCサビまでパワーで
                           押しまくってたロックバラード。
                           最近は政治活動にも忙しいみたいだけど、このタイトルからしても
                           自分の立場をはっきりして、自分の存在を主張することの大切さを
                           歌ってるのでしょう。
                           こういうタイトル見ると、英語圏だったらな~、ロン・セクスミスとか
                           絶対いいんだろうな~とかいろいろ嫉妬しちゃう。
   10.[ Complicated      ]★★★★  :アヴリルのも同名の曲があったが、アブリルが歌っても
                           なんの違和感もない。Aメロからノリノリで、そのテンションが
                           Cサビまで持続しちゃうのがボンジョビの凄いところ。
                           この1曲を聴くだけでもボンジョビ絶好調だな~って思う。
                           曲作りに迷いが感じられない。(8曲目と似てるかも)
   11.[ Novocaine       .]★★★★  :この曲も↑同様勢いのある曲だが、ちゃんと色のある作品。
                           乱高下する流れるようなAメロに、合いの手のようにリッチーサンボラ
                           がからみCサビではジョンとリッチーかけあいになっていて、
                           どちらのメロディも素晴らしい。
                           最初から最後までまで自然にメロディが流れていくのはお見事。


108 :4 :sage昔スネオやったね~ :2005/09/26(月) 00:40:48 (p)ID:SAxEfyei(5)
   12.[ Story Of My Life    ]★★★★  :美しいピアノから静かに始まる。このままギターレスでベンフォールズ
                            みたいなのだったら素敵なんだけど、
                            ほどなくリッチーサンボラが突入してきます。
                            この曲のCサビもジョンのメインのメロディとサンボラのコーラスが
                            からみあってフュージョンします。
   ────────────────(ボーナストラック)─────────────────
   B1.[ Dirty Little Secret   ]★★★★  :バウンスでみせたハードロックらしい荒々しいギターサウンドが
                            引っ張る曲。たしかにこういう曲はアルバムには1曲もなかった。
                            でもかっこ良い。
                            特にCサビの「Tonight」のところは渋くてかっこい良い。
   B2.[ Unbreakable      ]★      :アハーンアハーン叫んでいてスマップの新曲みたい。
   B3.[ These Open Arms   ]★★★★☆:ミスチルちっくなスライドギターの音色が印象的。
                            幻想的な独特の世界観をもったバラードで映画の主題歌
                            というのも納得のデキ。日本でシングルカットすれば売れるだろうに
                            もったいないことをする。
                            名曲「Always」には及ばないものの近い雰囲気は味わえる。

109 :4 :sage(ry) :2005/09/26(月) 00:41:29 (p)ID:SAxEfyei(5)

   総評   9点   /10(ボーナストラックは採点外)

   オリコン週間アルバムチャートで『ジーズ・デイズ』以来10年ぶりのアルバム1位を記録した作品
   たしか前回はベストアルバムの「クロスロード」が売れまくって、その流れにのっての1位と記憶してるが
   今回は何ででしょう?気づいたのは下記の3点

   1. アヴリルラヴィーンが受け入れらたこと。→特に2NDアルバムはボンジョビの音楽と大して変わらない。
   2. 目覚ましテレビに出たこと。→ボンジョビのコアファンはみんな社会人になりました。高木千佳子ちゃんが
                       いなくなったとはいえ、あの軽部さんの芸能ニュースは大切な情報源。
   3. どの曲もイントロが短くて5曲目の21秒以外は、15秒以内にAメロに突入していて聴きやすい。

   今回のアルバムを堂々と9点つけるバカはネット上でも見かけなかったが、このアルバムは捨て曲がなく
   全曲聴けちゃったし。それにボンジョヴィを知らない世代なら更に評価は高いでしょう。
   とにかくアップテンポが多く勝負が早くて聴きやすい。
   ものすごくシンプルだしね。
   それよりなにより、ボンジョビが自信を持って自分達の音楽をやっている。
   「ニュージャージー」の次のアルバムだよって言われてもなんの違和感も無い。

   名曲は無いけれど1曲1曲粒が揃っているので、スローな曲が多かった名盤「ジーズ・デイズ」
   と対極をなすアルバムだと思う。