※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

アルバム全曲レビューするスレ

70 名前:月齢15.9 ◆1eBTuIFTBE [sage] 投稿日:2007/07/26(木) 14:37:37 ID:wIFbhtHE
Velvet underground/Ⅲ
総合評価★★★
1.Candy says★★★★
中心メンバーだったジョンケイルがバンドを抜け
このアルバムで新加入のダグユールが1stにおけるSunday morningのような歌声を披露してます
次の曲ではルーが持ち前のダミ声で烈しく歌ってるのでその対極を現してると思います

2.What goes on★★★★☆
リズミカルなドラムス。力強いボーカル
ギターソロは例えがベタですがベンチャーズ風でスゴくカッコいいです
単純にメロディがカッコいいストレートなロックテイストの曲です

3.Some kinda love★★
歌と不規則に鳴り続けるギターの音色が上手く噛み合ってます
前曲のメロディックな曲の展開とはちがって
この曲はストーリーテラーとしてのルーを伺えます

4.Pale blue eyes★★★
様々なアーティストに愛され、カバーなどもされてきたバラードナンバー
しかし曲の展開、常に変化の無いバンドサウンドはケイルがいなくなったことでルーのエゴが前面に出てきたせいだと思われます

5.Jesus★★☆
ジーザス、ジーザス
完全にバンドとしての価値を失ったベルベッツを救いください

71 名前:月齢15.9 ◆1eBTuIFTBE [sage] 投稿日:2007/07/26(木) 15:19:14 ID:wIFbhtHE
6.Begining to see the light★★★
2ndに入ってそうな曲です。
モーリンのリズミカルなドラムスに合わすバンドサウンドは
非常にバランスがとれててルーの個性的なボーカルをより映えるものにします
でも何かが足りない気が…
個人的な感想ですいません><

7.I'm set free★★★
2ndのHere she comes nowが好きな人はこの曲も気に入ると思います
盛り上がる曲展開、途中のギターソロはドラム以外の無駄な音は消え聴きいってしまいます

8.Thats the story of my life★★★
個人的にはダグかモーリンに歌って欲しかった曲
このアルバムでは1、8、10曲目の歌はいずれもどこか安堵感を与えてくれるような曲で
今までのベルベッツにない保守的な面が見えます

9.The murder mystery★★★★
左右のスピーカーからそれぞれ違うストーリーが唱読されます
2ndのThe giftとコンセプトは似てますが
わざと噛み合わないようにしてる上手く聞き取れないストーリーはまさにボーカルで表現する不協和音
それを高揚させるかのようなバンドサウンド
しかしルーとこのアルバムでボーカル初披露となるモーリンの掛け合いはこの曲のメインとなる部分でアルバムでもいちばん盛り上がるところ
個人的な意見ではベルベッツでも佳曲

10.After hours★★★★
この曲はアルバムでも不思議な位置にあると思います
例えばオアシスで言えばアルバムの中のアコースティックなノエルナンバー
フロイドのあなたがここにいてほしいなど
どこかアルバムの中でも浮いてるけど佳曲であるみたいな曲