※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

☆ アルバムを全曲レビューするスレ ☆


71 :山田恒雄くん :sage :2005/09/13(火) 23:30:12 ID:YWBHBU+k
   Pharoah Sanders / Izipho Zam (1969年)

   1 Prince of peace ★★★★★
   ミニマル的な曲調にレオントーマスのプリミティブな歌声が重なる。
   夜の波の満ち引きの様子を音楽であらわすとこんな感じだろうか。
   とても神秘的で綺麗な曲。

   2 Ballance ★★★★★
   ファラオのようにこれだけ感情をむき出しにSaxを吹く人は数少ないでしょう。
   途中で何回かガーってノイズ音が入る(これこわい)いったいなんの楽器だろう?
   ラストではsonny sharrockもぶち切れててキュインキュインしてます。

   3 Izpho Zam ★★★★★
   まず30分近い曲なのに、最後まで普通に聴きとおさせる曲構成に脱帽。
   出だしは散らかった感じからレオントーマスに合わせて曲が始まる。
   次第にsharrockのミニマルちっくなギターが加わる。
   さまざまな楽器も重なり、さまざまな紆余曲折をへて、音はやがて塊となる。
   塊はやがて炎に包まれ燃え尽きる。

72 :山田恒雄くん :sage :2005/09/13(火) 23:31:06 ID:YWBHBU+k
   総評★★★★★
   晩年のjohn coltrane一派の一人で
   Coltraneの後継者とも呼ばれているPharoah Sandersの69年作。
   内容を大雑把に言うと、プログレのように抑揚があり、
   ノイズのような雑音があり、さざ波のようにミニマル的な、
   民族音楽のようにプリミティブな、時には美しく、
   時にはおっかない、時にはフリー、でも基本はジャズ。
   PharoahがColtraneというとてつもなく巨大な壁を
   乗り越えた(越えた、とは書かない)作品だと思う。
   ジャズリスナーだけが聴くにはもったいのではないでしょうか。
   今のところ個人的名盤10指には間違いなく入るだろう作品。