※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

☆ アルバムを全曲レビューするスレ ☆


66 :山田 :sage :2005/09/10(土) 02:11:08 ID:0dxv5L46
   Van Dyke Parks / Song Cycle (1968年)

   1 Vine Street ★★★★☆
   のっけから大胆なクラシックフィーチャリング。曲展開もおもしろい
   2 Palm Desert ★★★★☆
   変なメロディだけど、聴いてるうちに好きになってしまう。
   3 Window's Walk★★★☆
   後になるにつれいろんな楽器が参加。
   4 Laurel canyon blvd. ★★
   インタールード。
   5 All Golden ★★★★☆
   このアルバムの中では比較的まともな良質なポップス。
   6 Van Dyke Parks ★★★☆
   陽気な海辺のパラダイスから一転海の底へ
   7 Public domain ★★★☆
   美しい曲調から一転おっかない曲調に。最後は不穏な空気のまま終
   8 Donovan's colours ★★★★
   遊園地的な、おもしろくて、怖くて、美しい曲
   9 the attic ★★★★
   クラシカルな雰囲気の中、素敵な歌声が響き渡る
   10 Laurel canyon blvd ★★★
   変なメロディだけど・・・その2
   11 By the people ★★★★
   一行じゃ書ききれないほど曲調が変化
   12 Pot pourri ★★★
   最後らしく、静かに幕を閉じます

67 :山田 :sage :2005/09/10(土) 02:13:06 ID:0dxv5L46
   総評:★★★★☆
   これは私的名盤の中の一つです。
   内容はといいますと思いつくのは、まず変態という言葉です。
   変態と言っても、単に奇をてらったゲテモノというのでは全くなく、
   (むしろそれとは真逆)、クラシックの要素を随所に使用し、
   スタンダードな曲構成も無視し、多様な楽器を使いつつ、
   っつーか訳わかんないことしつつも、
   ポップスとして仕上がっているこの楽曲の高さ、
   この異常さがこのアルバムを変態と思わせる要因でしょう。
   遊園地ポップス。後付だけど一種のプログレ。68年とは思えない