※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

アルバムを全曲レビューするスレ 06-07

167 名前:町 ◆nlKHdpWPdE [] 投稿日:2006/12/04(月) 03:24:33 ID:PpGmtylI
TOM VERLAINE 【WORDS FROM THE FRONT】(1982 米)総評★★★

1.PRESENT ARRIVED ★★☆
「この人はテレビジョン時代からアルバムの1曲目にコマーシャルな曲をもってこない。というか作らないのだろう。
マーキームーンは無論、星5つだが俺は2曲目から聴くことが多いね。このアルバムもそう。別に悪くはないよ。よくないだけ。」

2.POSTCARD FROM WATERLOO ★★★☆
「2ndの頃のテレビジョンを思わせるゆったりとした明るめの佳曲。」

3.TRUE STORY ★★☆
「切ない音色のアルペジオを軸にしたナンバー。雰囲気はあるが、マジックはもうない。」

4.CLEAR IT AWAY ★★★★
「明らかにGANG OF FOURの2ndを意識したであろう極端に音数の少ない曲。テレビジョンにはなかったタイプの曲だね。」

5.WORDS FROM THE FRONT ★★★☆
「暗い。長い。タイトル曲。以上。」

6.COMING APART ★★☆
「バックがどことなくGERMSのFORMINGを思わせる。」

7.DAYS ON THE MOUNTAIN ★★★★☆
「歌のバックでひたすら揺らめく冷たい炎のような単音ギターと感情をまったく感じさせない無機的なリズム。陶酔は実に9分にも及ぶ。ソニックユースの“NYC GHOSTS & FLOWERS”が好きなら気に入るはず。」