※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

アルバムを全曲レビューするスレ 06-07

150 名前:町 ◆nlKHdpWPdE [] 投稿日:2006/11/30(木) 16:52:17 ID:Od5tQgeG
JONESY 【GROWING】(1973 英)総評★★★★

1.CAN YOU GET THAT TOGETHER ★★★★☆
アルバムの幕開けには持ってこいの疾走感のあるジャズロックナンバー。少し強引にいえばコロシアムの3rd辺りに近いかも。難点をあげればギターがややブラスの影に隠れ気味。

2.WALTZ FOR YESTERDAY ★★★★
これぞジョンジーっていう曲展開。前作はクリムゾンの“リザード”の雰囲気を狙ったらしいけど、その残り香が一番色濃く出てる作品。ボーカルがクレシダに近いと思うのは俺だけかな。

3.KNOW WHO YOUR FRIENDS ARE ★★★★★
かっこいいよ。個人的にはアルバムのハイライトだね。疾走感溢れる良質なメロディー。そしてジョンジー独特の哀愁。ギターも役割的にはブラスに負けてないしね。少しおまけして満点。

4.GROWING ★★★
タイトル曲。それ以上でもそれ以下でもない。悪くないよ。

5.HARD ROAD ★★★☆
トッドラングレンの未発表曲って言われたら俺は信じるよ。朝のニュースで流れそうな爽やかなポップス。途中、間奏がやけにファンキーになるのに違和感を感じるって?そこがジョンジー。

6.JONESY ★★☆
バンド名を冠した長尺のインスト。おもしろいかと聞かれたら俺はつまらないと答えるね。ジョンジーがこれやっちゃ駄目だよ。クリムゾンじゃないんだから。アルバムの幕引きとしては、なんと後味の悪いことか。