※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

アルバムを全曲レビューするスレ 06-07

146 名前:町 ◆nlKHdpWPdE [] 投稿日:2006/11/28(火) 15:44:34 ID:8n35wat6
REPLACEMENTS 【PLEASED TO MEET ME】(1987 米)総評★★★★

1.I.O.U. ★★☆
現ガンズ&ローゼスのクリスのタイトなリズムに導かれてアルバムはこの力強いロックンロールで幕を開けます。
スネアの音に多少時代を感じますが、まぁ目をつぶれる範囲。1曲目としては弱いかな。やや平淡な印象。
2.ALEX CHILTON ★★★★★
彼らの憧れであり共演も果たした元ビッグスターのアレックスチルトンの名をそのまま冠した名曲。頭のてっぺんから尻尾の先まで切なさの固まり。インディーギターロック好きは全員聴くように。
3.I DON'T KNOW ★★☆
ブラスを配したハードロック。やる気ないコーラスがパンクバンド ALLのふざけた曲に似ている。
4.NIGHTCLUB JITTERS ★★★☆
この曲地味だけどいいです。ジャージーな小品。そういえば、さっき挙げたALLもこういう曲たまにやるなぁ。俺は好きだよ。
5.THE LEDGE ★★★★
2曲目に雰囲気の似た、これぞマッツ節って佳曲。サビに絡むギターのなんて青臭いこと。
6.NEVER MIND ★★☆
一変、明るい雰囲気の善くも悪くもアメリカンロック。R.E.Mの後継者と言われてたのが解る気がする。
7.VALENTINE ★★★
こちらも明るい感じの軽めの曲。独自の歌メロにマッツ節が強く感じられる。その辺はモダンラバーズに通じるところがあるね。楽しく聴けるし悪くない。やや展開がぎこちないけどご愛敬。
8.SHOOTING DIRTY POOL ★★
1や3曲目に似た腰の座ったズ太いロックンロール。
9.RED RED WINE ★★★☆
多少パンク時代を思わせるテンポのいいナンバー。サビのコーラスも含めいい塩梅。
10.SKY WAY ★★★
アコギによる弾き語り。アルバムの素敵なアクセント。
11.CAN'T HARDLY WAIT ★★★★☆
アレックスチルトン参加の感動的なラストナンバー。反復する拙い単音ギターのリフレインがいつまでも耳から離れない。