※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

アルバムを全曲レビューするスレ 06-07

33 名前:king harvest[] 投稿日:2006/10/21(土) 16:34:27 ID:PjXrQQ79
The Band / Northan lights Southern cross

1 forbidden fruit ★★★☆☆不穏な音色のギターと共に幕を開ける南十字星のプロローグ。
軽快なアレンジながら要所要所で使われるアームのせいかどこか怪しげな印象を与える不思議な曲。一曲目にしては地味。

2 hobo jungle ★★★☆☆リチャードマニュエルの渋いヴォーカルが堪能できるバラード。
少々甘ったるいので、アレンジにもう少しアクセントがほしいところ。

3 ophelia ★★★★★一転してホーン大活躍のノリノリでウキウキでワクワクなアップテンポな曲。
歯切れのいいギターに弾けるホーンの絡み具合が絶妙で思わず踊りだしたくなる。
ここから怒涛の名曲ラッシュが始まる。

4 acadian driftwood ★★★★★深みのあるアコギが印象的なトラッドフォーク風ミディアムナンバー。
リック、リチャード、レヴォンの三人それぞれのヴォーカルが楽しめる。
またガースハドソンによるアコーディオンやヴァイオリンなどの楽器が郷愁を誘う。

5 ring your bell ★★★★☆再びホーン大活躍のファンキーでアップテンポな曲。
opheliaとは対照的にこちらは縦横無尽に飛び跳ねるベースが主役。
それに絡むホーンとシンセの音色も実に陽気で楽しい。


34 名前:king harvest[] 投稿日:2006/10/21(土) 16:35:27 ID:PjXrQQ79
6 it makes no difference ★★★★★このアルバムのハイライト。ロビーロバートソンの真骨頂クキカキコキ奏法が炸裂する
名スローバラード。リチャードマニュエルのエモーショナルなヴォーカル、サビにおける美しいハーモニー、
ロビーの涙腺を刺激するギターソロに優しく包み込むようなガースハドソンのサックス。
この素晴らしさは筆舌に尽くしがたい。the band屈指の名曲。

7 jupiter hollow ★★★★☆さまざまなシンセの音が曲を彩るカラフルなミディアムナンバー。いい意味で肩の力の抜けた佳曲。

8 rags & born ★★☆☆☆少し冷たい空気を持った南十字星の最後を飾るミディアムナンバー。
物憂げなメロディとシンセの音色が印象的だが、正直蛇足感が否めない。

総評:★★★★★the bandの後期の傑作。メンバーの関係が悪化するきっかけになったとかキャッチーすぎるという声も聞くが、
間違いなくこれはthe bandの最高傑作だと思う。とにかく楽曲の完成度が高い。ロビーロバートソンのギターも冴えまくってるし。
ただひとつ惜しいのは最初と最後の曲が他の曲に比べて弱いこと。曲順は再考の余地がある。