※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

アルバムを全曲レビューするスレ 06-07

103 名前:範馬ぱき ◆E/XZZGq7lM [(*⌒▽⌒*)男の世界] 投稿日:2006/11/24(金) 20:49:41 ID:IdajOoaj
Tamas Wells/A Plea en Vendredi


1.From Prying Plans Into The Fire/★★★
アルバムの導入曲。導入にしては若干弱めだが、軟らかなアコギのイントロで始まる曲のクリアな穏やかさに癒される。中盤から絡んでくる女性ボーカルが素敵。

2.Valder Fields/★★★★★
このアルバム、いやTamas Wells最大の名曲といえる、普遍的魅力を持った名曲。この曲を聴くためにこのアルバムがあると言っても間違いではない。
衝撃的なサビの歌いだしで始まるこの短い曲が放つ神々しさは
最低でも本年度最高峰であると言える。

3.Vendredi/★★★★
冷ややかな印象の癒し系バラード。本当にこれが4人編成バンドが出す音なのか、
いやそもそも、わざわざバンドでやる必要があるのか、
ってぐらいシンプルでじわじわ盛り上げるタイプの曲。
しっかりした伴奏と綺麗なボーカルを堪能できる佳曲。アウトロが好き。

4.Lichen and Bees/★★★★
これもまた上と同じタイプの曲。穏やかな春の陽射しを感じる曲。目覚め、あるいは眠りにつくときに聴きたいの音楽。

5.Yes,Virginia,There Is A Ruling Class/★★★
やや暗いインスト曲。厳しい冬の寒さを心で感じるような、曲。


105 名前:範馬ぱき ◆E/XZZGq7lM [(*⌒▽⌒*)男の世界] 投稿日:2006/11/24(金) 21:11:35 ID:IdajOoaj
後半


6.The Opportunity Fair/★★★☆
5のインストがこの曲への効果的な導入になっていて地味なこの曲をうまく引き立てている。
"イイB面曲"という形容がそっくり当てはまるようなこじんまりとした佳曲。

7.Valour/★★★☆
悲しい別れの曲。マンドリン?がイイ音色を紡ぎ出している。いい楽器だなぁ。

8.The Telemarketer Resignation/★★☆
アルバムで一番弱い曲。でもこれがかえって9の良さを引き立てていて◎。

9.I'm Sorry That The Kitchen Is On Fire/★★★★☆
タイトルは意味不明だが、アルバム後半をひっぱる名曲。油断してると泣きそうになってしまうほど。

10.Melon Street Book Club/★★★★
目を閉じて聴くとタイトルの"Melon Street Book Club"のようなものが脳裏に浮かんでくる。これまた佳曲。

11.Open The Blinds/★★★☆
アルバムの締めに相応しい弾き語りタッチの静かな曲。穏やかな聴後感がしばらく耳に残る。


総評:★★★★
何といっても2。
2がなければ"そこそこ"なアルバムで終わっていただろうが
2がすべての評価を底上げした。まさに奇跡的名曲。
しかしそれ以外にも評価すべき点はたくさんある。名盤だと思う。