※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

夕立ち

作詞/作曲/編曲/歌:スガシカオ




その日午後から日暮れにかけて
かるい夕立ちが通り過ぎた
そして僕らは海の近く
濡れたアスファルトを走った

那天午後到日落之時
細小的午後雷陣雨通過
然後我們在海邊
跑過濡溼的瀝青

つぶれた薄暗い貸し倉庫のかげで
しばらく空を見上げて雨を凌いだ(しのいだ)

在毀壞灰色的寄物倉庫的陰影下
暫時望向天空,細雨落下

不意に 君が口ずさむ 僕は聞いてる
聞き覚えのないメロディー
もう 消えてしまうくらい 小さな声で
やがて途切れてしまう

不經意地你吹起口哨,我在聽著
那未曾記住的旋律
就像已經消失了一般,細小的聲音
不久便中斷了

帰り 都内へ向かう道は
ひどい渋滞が続いた
二人でどんなことを話したかは
おそらく君も覚えてないだろう

歸去,向著城市的道路
嚴重的交通阻塞持續著
兩人到底說過些什麼話呢?
恐怕你也不記得吧?

ラジオで 知らない人の悲しいニュースと
誰かの つまらないバラードが流れた

廣播播放了陌生人的悲傷新聞
和不知名的無聊甜膩的流行歌

不意に 君が口ずさむ 僕の知らない歌
たよりなく流れてく
いつも 話しかけようとして 言葉を探すと
それは途切れてしまう

不經意地你吹起口哨,我未聽過的歌曲
沒有理由的流洩著
總是想和你搭話,思索著詞語
便中斷了

不意に 君が口ずさむ 僕は聞いている
メロディーは 覚えていない
そうして 失ってしまうもの 守りきれるもの
ほんの少しの違い...

不經意地你吹起口哨,我在聽著
旋律 並不記得
只要如此,已失去的事物和,守護至今的事物
就只有一點點的不同...

不意に 君が口ずさむ 僕は聞いてる
聞き覚えのないメロディー
もう 消えてしまうくらい 小さな声で
やがて途切れてしまう

不經意地你吹起口哨,我在聽著
那未曾記住的旋律
就像已經消失了一般,細小的聲音
不久便中斷了