※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

書名:【マリア様がみてる 瑪莉亞的凝望】
篇章標題:「ハレの日」イラストコレクションから(集英社出版的圖集中附錄的短篇)

+++++++++++++++++原文++++++++++++++++++++++

ハレの日は嫌い。
大概、気持ちが裏切られるから。
頭ではわかっている。いつもと同じ、いつもの延長線上にあるただの一日。ーーそんな風に、意識しないで迎えらればいい。
でも、やっぱりハレの日はハレの日だから。
カレンダーに丸を付けないまでも、「どうぞ何事もありませんように」と心の中でマリア様にお祈りしてしまったりしている、バカな自分。
七五三とか、学芸会とか、運動会とか、遠足とか、授業参観とか。
今まで、どれだけ期待し、どれだけがっかりさせられてえきたことか。
わかっている。その大半は、自分の弱さからくるものだって事も。
体調が悪いのは嘘じゃないけれど、プレッシャーが呼び込んでしまった病だってあるのだ。
だから尚さら腹が立つ。小さい自分に嫌気がさす。
(ーー今日だって)
ため息をついて、寝返りをうった。
ばかみたい。
無理かも、って逸る気持ちに何度もプレーキをかけていたはずだった。
でも、このところずっと調子がよかったし、春になって気候も穏やかで過ごしやすくなってきたし。ちょっとだけ。ほんのちょっとだけ、大丈夫なんじゃないかな、って期待しちゃったのだ。
もし私が剣客だったら、開業と同時に命を失っていることだろう、ーーなんて。枕元に置かれた、文庫本を手に取りながら思う。刀を構えるより先に、胸を押さえてうずくまる。いいや、約束の刻限までに立ち会いの場所にいくことが出来れば御の字だ
「ふふふ」
だから、私は剣客になんてはなからなれない。小説を読んで、その世界を楽しむのが関の山。
「ーーあ」
今、私は笑った。
ということは、それくらいまでには体調がよくなってきたということだ。
時計を見る。ーー午前十一時五分。
どう考えても、入学式は終わっている。もう間に合わない、行かなくていいという頃合いになって回復するんだから、世話はない。
私はもう一度「ふふっ」と笑ってから、そのまま布団に顔を埋めて泣いた。今回も負けた。そう思った。
どれくらいそうしていただろう。いつの間にか、泣きながら眠ってしまった。目が覚めたのは、ドアをノックする音がかすかに耳に届いたからだ。
「由乃? いい?」
控えめな「トントン」の後に聞こえるさわやかな声。私は、ベッドの枠に引っ掛けておいたヒヨコ柄の濡れタオルをとって、あわてて顔を拭いた。目の周りや頬が、乾いた涙でガビガビになっていたからだ。
「どうぞ」
タオルをそのままおでこにのせて、まぶたを隠した。何となく、腫れているような気がした。
「調子、どう?」
探るような声のトーンで、令ちゃんが部屋の中に入ってくる。
「うん。あんまり」
私は答えて、それ以上しゃべらない。
「だよね」
自分の入学式に出られなかったくらいだもん、という言葉が、令ちゃんの「だよね」の中に含まれていた。そしてその時、クローゼットの扉の前に掛けられた真新しい高等部の制服に、令ちゃんの視線が向けられていたのも、気配で分かった。
私より一学年上の令ちゃんは、一年分着古した制服を着ている。家には帰らず、学校から直接私の所に来てくれたのだろう。
「叔母さんが、由乃が起きていたら何か食べられるかどうか聞いてって言っていたよ。お粥でも、果物でも、って」
「今はいい」
「そっか」
言いながら令ちゃんは、机の上に何かを置いた。私は少しだけタオルをずらして、そちらを見た。それは、学校の名前入りの茶封筒のようだった。
「生徒手帳とか、諸々の書類とか預かってきたから」
「そう」
「由乃は、一年菊組だよ」
「ふうん」
クラスの名前を聞かされても、大した感慨はない。菊組は令ちゃんが一年生だった時のクラスだから、教室が単純に洋服のお下がりみたいに感じられただけだ。
「入学写真は、明日撮るらしいから」
「から?」
「いや、明日は学校に行けるといいね......って」
令ちゃんは、ベッドの側までいすを引っ張ってきて腰掛けた。
「きっと、明日はよくなるって」
「......」
励ましてくれているのに悪いけれど、私はちょっとだけ令ちゃんを恨めしく思った。これで明日もまた、学校に行くプレッシャーがかかってしまった。いけなければまた一枚、右上に丸く私の顔写真が入った集合写真が出来上がってしまうわけだ。
「行けるかな」
私はつぶやいた。本当の気持ちは、「行けるかな」ではなくて「行きたいな」だった。高校生活初日から欠席なのだ。これ以上、出遅れたくはなかった。
新しいクラスになって間もなくは、生徒たちにとっては重要な時期だ。一緒にお昼ご飯を食べるような小さなグループなんて、すぐにできてしまうだろう。クラスメイトたちの自己紹介を聞き漏らすだけではなく、自分の自己紹介だってできやしないのだから、転校生より孤独かもしれない。
もちろん、私は幼稚舎からリリアン女学園に通っているから、クラスに知った顔も何人かいるとは思う。けれど、私のいない教室で私の噂話が囁かれるくらいならば、むしろ誰も知った人のいないクラスのほうがいい。「病欠の島津由乃さんは、体が弱くていらっしゃるから」なんて、うんざりするーーもう、遅いかもしれないけれど。
考えていたら、また胸が苦しくなった。
「由乃、大丈夫?」
「......うん」
精神的なものだから、少し冷静になれば治る。
「タオル、乾いて来ちゃったね。濡らしてきてあげるよ」
「いいの」
私は、タオルを取り上げようとした令ちゃんの手を握った。
「いいの。このまま、ここにいて」
「わかった」
令ちゃんは、浮かせた腰をもう一度椅子に下ろした。
「令ちゃんは何組だったの?」
「また菊組。由乃とお揃いだ」
「そう」
「ついでに言うなら、江利子さまも菊組なんだよ」
江利子さまっていうのは、令ちゃんのお姉さまでフルネームは鳥居江利子さま。この春から、生徒会長の一人黄薔薇さまという偉そうな称号で呼ばれることになったすごい人だ。偉いのは称号だけじゃなくて、成績優秀、頭脳明晰、おまけに顔だって貶す場所を探せないくらい整っているという、スーパーウーマンらしい。
正式に紹介されてはいないけれど、何度か令ちゃんと並んで歩く江利子さまの姿を校内で見かけたことがある。その時の令ちゃんは、私の前では決して見せたことがないような表情をしていて、正直腹が立ったのを覚えている。
そんな日の私は、決まって、家に帰ってから令ちゃんに当たり散らしたんだけれど、令ちゃんはどうして私が荒れているのか、まったくわかっていなかったようだ。いつもの癇癪、蟲の居所が悪かっただけ、そんな風に思っていたのかもしれない。
「由乃。こんな時に何なんだけれど」
その「何か」が何であるか、私は正しく理解していた。けれど、わかっていることを令ちゃんに知られたくはなかった。
「調子がいい時のほうがいいと思ったけれど、私は一日も早く由乃と......」
手の平にのせられて目の前に差し出されたからには、無視なんてできない。私は意を決してそれを見た。
それは予想通り、ロザリオだった。
「......きれいだね」
予想と外れたのは、それが令ちゃんが日頃から身につけている、江利子さまからもらったものではなかったということだった。だからダークグリーンの色石がつながれてできたこのロザリオは、令ちゃんが私のために買ってくれたものということになる。
「似合うと思うよ」
「そうかな」
私たちは、高等部では姉妹になるのだといつの頃から決めていた。
だから、令ちゃんは当然のように高等部に上がった私にロザリオを差し出す。「私の妹になりなさい」とか「姉妹になりましょう」なんて言葉はなくても、私がそれを喜んで受け取るものと信じて疑わない。
「掛けてあげようか」
「......ごめん。ちょっと、今は動きたくないから」
うれしくないはずはない。令ちゃんの妹になれるのだから。でも、手放しで喜べない気持ちが、私にはある。
「そっか......、そうだな」
令ちゃんはほほえんでから、私の手にロザリオを握らせた。それから「おやすみ」と言って、椅子を立った。
私は、もう一度「掛けてあげようか」と聞いてくれたら、うなずくのにと思った。だって令ちゃんは、顔には出さないけれどガッカリしている。人並みの姉妹のように、ロザリオを首にかける授受の儀式をしたいと思っていたに違いない。だから。
(令ちゃん)
私は念力が通じたのか、令ちゃんはドアの前で一度振り返った。でも、口から出た言葉は「掛けてあげようか」ではなかった。
「そうだ。学校に出られるようになったら、薔薇の館に連れていくから」
「江利子さまには......っ!」
私は、身を起こした。ついさっき、動きたくないと言ったばかりのに。でも、そんなこと令ちゃんは気に留めなかった。
「大丈夫。由乃のことはちゃんと言ってある」
「そう」
従妹は身体が弱いので、ご迷惑をかけするかもしれません。ーーそんなことを言ったのかな。令ちゃんの閉じたドアの音を聞きながら、ぼんやり思った。
令ちゃんは今まで、江利子さまに何をしてあげたのだろう。
江利子さまは、令ちゃんに何を与えてくれたのだろう。
まだ見ぬ紅薔薇のつぼみの妹も、白薔薇のつぼみも、みんな丈夫で、何もできる人たちに違いない。そんな輪の中に入って、私にいったい何ができるというのだ。
私は、布団の中でも一度泣いた。
やっぱり、ハレの日は嫌い。
いつもは考えなくてもいいことを、心に突きつけられるから、
令ちゃんには、きっとわからない。
私が、どんなにか令ちゃんを羨ましく思っているか。
真っ直ぐ伸びるしなやかな若木のような美しい従姉を、私がどんなに愛しているのか。
令ちゃんがいなくなった椅子の上には、桜の花びらが一枚落ちていた。



(注:小説文字ファイルが欠けてるがゆえに、自分で文字入力しましたから、日本語原文とは多少間違いがあるかもしれませんけど。)

+++++++++++++++++翻譯++++++++++++++++++++++

晴天

---------

晴天真是討厭。
大概是因為晴天違反了我的心情的緣故。
我腦中也明白。這和平常一樣,只是在延長線上的平凡的一日。----如果能像這樣,無意識的去迎接晴天的話就好了。
但是,果然還是因為晴天就是晴天而厭惡著它。
即使是不用在月曆上做記號的日子裡,我仍然會向瑪莉亞祈求「拜託,今天也請讓我平安無事的渡過吧。」這樣的自己,真傻。
不管是七五三、學藝發表會、還是運動會、遠足、或教學觀摩啦。從以前到現在,我都是如何地期待著那些活動,卻每一個又是多麼地讓我失望啊。
我明白的。讓我失望的原因,多半來自於我自身的軟弱。
雖說我的身體不好也不是說假的,但有時病發的原因就只是壓力而已。
所以我更加地生氣,對弱小的自己產生了厭惡的情緒。
(---今天也是。)
我嘆息著,在床上翻了個身。
「笨蛋似的。」
雖說太勉強,但我應該也試過很多次要沈住氣的。
但是,最近我的身體狀況一直很好,一到春天,天氣也穩定下來,而能舒適地過著每一天的。
「再一下子,真的再一下下,就沒事了吧?」我這樣期待過了。
我想,如果我是劍客的話,在當上劍客同時就會喪命了吧?ーー之類的。我拿起放在枕邊的文庫書籍邊這樣想著。早在我握刀擺好架式前,就會蹲著按住自己的胸口了。不對,能在約好決鬥的時間期限前趕去赴會就是萬幸了。
「呵呵呵」
所以,我才沒辦法當什麼劍客。閱讀小說,快樂的沈浸在那個世界裡,就是我的極限了。
「---啊」
剛才我笑了。
也就是說,我能夠笑出來就代表我的狀況已經好很多了。
我看了一下手錶。---早上十一點五分。
無論我再怎麼想,開學典禮都已經結束了,已經來不及了。所以現在是不去也行,我只要等身體狀況回復就好的,一點都不麻煩了。
「呵呵」我又笑了一次之後,就這樣把臉埋在棉被裡哭了。我想「這次又輸了」。
反正就只能這樣了吧?不知不覺地,我哭著睡著了。把我吵醒的是微微傳到耳邊的敲門聲。
「由乃?可以進來嗎?」
輕微的敲門聲後,聽見的是一道爽朗的聲音。因為乾涸的淚水害眼睛周圍和臉頰都變得乾乾的,我拿起掛在床沿,有著小雞圖案的溼毛巾,慌張地擦了擦臉。
「請進。」
我把毛巾就這樣放在額頭上,將眼皮隱藏起來。總覺得,好像有點種。
「身體怎麼樣?」
小令用著探問似的聲調,走進我房裡。
「嗯。不太好。」
我回答後就陷入沈默了。
「也是呢。」
因為我沒能參加自己的入學典禮,這也是當然的。小令的回答含有這層意思。在此同時,我也注意到小令的視線,正向著衣櫥門上掛著的嶄新高中制服,所以我了解她的意思。
比我高一個年級的小令,身上穿著已穿了一年而顯得老舊的制服。我想她大概是沒回家,就直接從學校來這裡看我的吧?
「阿姨說如果妳醒了,叫我問妳要不要吃點什麼喔。說是有粥也有水果。」
「現在不想。」
「這樣啊。」
小令邊回答邊在桌上放了什麼東西。我稍微地移開毛巾看向桌子,那好像是寫著校名的牛皮紙袋。
「我今天先幫妳拿了,裡面是學生手冊,還有各式各樣的資料之類的東西。」
「是嗎。」
「由乃妳是一年菊班的喔」
「嗯~」
即使告訴我班級名稱,我也沒什麼特別感想。就算菊班是小令一年級時待的班級,但不過讓我有種像是拿到舊洋裝似的感覺罷了。
「入學照是明天才要拍,所以...」
「所以?」
「沒有啦,我是在想,妳明天能去學校就行了....」
小令把椅子拉到我床邊然後坐下了。
「我想明天妳一定會好起來的。」
「........」
明明小令是在為我打氣,雖然不夠意思,我有那麼一瞬間怨恨起小令了。這樣一來,又給我增加明天要去學校的壓力了。而且如果明天我不能去的話,又會多一張在右上角放入我的圓形大頭照的團體照了。
「我明天有辦法到學校嗎?」
我低語著。我真正的心情並不是能否的問題,而是想不想去。高中生活的第一天就缺席,所以我更加不想遲到了。
對學生而言,剛進入新班級的短暫時光,是非常重要的時期。很快就已經聚集了那種一起吃午餐的小團體之類的吧?不只是錯過了其他同學的自我介紹,連向同學介紹自己的機會都失去了,所以可能會比轉學生還要孤獨吧。
當然,我從幼稚園起就一直在莉莉安上學,所以我想班上自然也會有幾個熟面孔。但是,與其讓她們在我不在的教室裡,說著我的傳聞,還不如到一個沒有半個認識的人的班級裡去。例如「島津由乃同學,因為身體不好所以請病假。」之類的,真是煩死了。ーー也許已經太遲了。
一想到這裡,我的胸口又痛了起來。
「由乃?沒事吧?」
「......嗯」
因為是精神造成的痛苦,稍微冷靜點就沒事了。
「妳的毛巾乾了呢。我去幫妳沾水喔。」
「沒關係」
我握住了小令正要拿毛巾的手。
「沒關係,這樣就好,待在這裡。」
「我知道了。」
小令半懸的身體再一次地,坐回椅子上了。
「小令你是幾班的呢?」
「還是菊組。和由乃一樣。」
「這樣啊。」
「附帶一提,江利子學姊也是菊組的喔」
說到江利子學姊,她就是小令的姊姊,全名是鳥居江利子。從這個春天起即將成為三名學生會長之一,還會被人用黃薔薇大人這個好像很了不起的稱號稱呼,是一位非常厲害的人。而且她了不起的不只是稱號,聽說她成績優秀、頭腦清晰,臉蛋更是被人公認沒有一處能挑出瑕疵般的端麗姣好。就像女超人般的人物。
雖然小令並沒有正式地向我介紹過她,但有好幾次在校園裡,我看到和小令並肩走著的江利子學姊的身姿。我還記得,那時小令露出了在我面前決不曾出現過的表情,讓我非常火大。
只要是這種日子,我一定回家後立刻就對小令發脾氣,但是小令好像完全搞不懂為什麼我會抓狂,也許她以為只是我平常易怒、心情不好的老毛病又犯了也不一定。
「由乃。雖然這種時候可能不太恰當......」
小令把手伸進制服的口袋裡,從裡面拿出了什麼東西。
那個「什麼東西」是什麼,我雖然很明白那會是什麼,卻不想讓小令知道。
「雖然我想過要等你身體好一點時比較好,但我還是想早一天也好,和由乃....」
既然她都已經放在手心上,拿到我眼前了,我也無法無視它了。我下定決心去看那樣東西。
和我預想的一樣,是念珠。
「.....真漂亮呢」
和預想不同的是,那不是小令每天戴著的,從江利子學姊那邊收到的念珠。所以說這個鑲著黑綠彩石的念珠,便是小令為了我而買來的。
「我覺得會很適合妳喔」
「是嗎?」
我們兩人不知何時就已經決定好了ーー上高中後就要成為姊妹。
所以小令就像理所當然似地,將念珠交給了升上高中的我。她堅信不疑地認為,即使不說「請妳當我的妹妹。」或是「讓我們當姊妹吧。」之類的話語,我也會高興的接受。
「要我幫妳戴上嗎?」
「......對不起。我現在有點不想動。」
能當小令的妹妹,我不可能不開心。但我卻有種無法放開,高興不起來的感覺。
「是嗎......,這樣啊。」
小令微笑後,把念珠放在我手上,讓我握住念珠。然後對我說了聲「晚安」後,就從椅子上站了起來。
我想要是她再問我一次「要我幫妳戴上嗎?」,我一定會點頭答應的。因為小令她雖然沒有表現在臉上,卻很明顯地感到非常失望。她一定也想和其他普通的姊妹一樣,想舉行幫我戴上念珠的授受儀式的。所以......
(小令。)
是我的念力傳給她了嗎?小令在門前一度回過身來。但是她卻沒有說「要不要我幫妳戴上念珠呢?」
「對了。如果能去上學的話,我會帶妳薔薇館的。」
「是和江利子學姊......!?」
我驚嚇的起身了。明明不久前我才剛說不想動的。但小令卻沒有心思注意這些。
「妳放心。我有好好地和姊姊說過由乃的事情。」
「這樣啊。」
「因為我的表妹身體不好,很可能會給您添麻煩。」ーー會是說這些嗎?我聽著小令關門的聲音,邊發愣的想著。
小令至今,為江利子學姊做過哪些事呢?
而江利子學姊,又給了小令什麼事物呢?
未曾謀面的紅薔薇花蕾的妹妹,還有白薔薇花蕾,一定都是些很可靠,什麼事都辦得到的人們。要我進入她們的圈子裡,我到底會些什麼,能做些什麼呢?
我再一次地,窩在棉被裡哭泣了。
果然,晴天真是討厭的日子。
因為那些平常不用去思考的事情,會冷不妨地竄進心扉。
對小令而言,這些一定是她所無法理解的。
我是有多麼地羨慕著小令啊。
有如筆直伸展又優雅柔軟的若木般美麗的表姊,我是多麼地愛著她啊。
在小令離去的椅子上,落著一片櫻花花瓣。



在此原文的
祥子さま、お姉さま等敬稱問題
我先依據東立出版社之漫畫的翻譯
以及木棉花的動畫翻譯做 祥子學姊、姊姊