※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

             『この文章を読むにあたって。』
 『この文章の著作権は、SEGA SONIC TEAMに有ります。』
 『弊社の承諾無く、複製、出版、放送、公衆送信、その他方法を問わず』
 『私的使用の範囲を超えて使用する事は出来ません。』

                        Phantasy Star Universe [失われた惑星]

                               第二章[計画] 


 自己紹介がそれぞれ終わって。ゼルトが
 「これで俺達はチームだな?まぁ、これから仲良くやろうや。」と,
 と。やれやれと、少し憂鬱な顔をしたカイルが、皆に向かって話し始めた。
 「じゃあ、全員揃った所で始めてもいいかな?」 と、
 懐から、一枚の大きな設計図を取り出した。どうやら、どこかの研究施設の図面のようだが。
 色々と訳の分からない専門用語や、走り書きしたメモが所狭しと書かれている。私が見ても
 さっぱり分からないので、  カイルの説明を待つ事にした。
 
 「この図面は、同盟軍のマザーブレインからやっとの思いでハッキングした