女上司イメプレ編02


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

[スーパー]

幼「何食べる?
  そういやお前、胸焼けはどうなった?」
俺「あれからなってないよ」
幼「仕事では何食べてるの?」
俺「松屋だな。食券の半券が領収書だから楽だわ」
幼「毎日?」
俺「いや、違うよ。
  なんか最近大盛が食べられなくてさ。並でも結構きつい時あるんだよね」
幼「食欲わかない?」
俺「それだとお前のご飯だってあまり食べられないはずだろ。お前の飯が美味すぎて舌が肥えたんだと思う」
幼「だから私そんな料理上手くないから。恥ずかしいからスーパーで言わないでよ」
俺「あ……ごめん」
幼「もう」
俺「俺、お前とスーパー来るとダメなんだ。
  すごく楽しみで、何作ってくれるかなとか考えてはしゃいじゃって……今度から外で待ってようかな」
幼「別に良いよ、気を付けてくれれば」
俺「うん。ごめん……前にも同じようなこと言われたのに……」
幼「良いってば。ほら、何食べたいんだっけ?」
俺「うんと……シガレットチョコ」
幼「お菓子じゃなくて」

 ◇

俺「……お肉食べて良い?」
幼「ダメ」
俺「ビーフカットステーキ食べたい」
幼「お肉ばっかり……少しだけね?」
俺「うん。……お前は何かないの?」
幼「魚かな」
俺「また魚か」
幼「和君も、もっと食べなよ」
俺「骨が面倒なんだよなー……ししゃもとかしらすとかは結構好きなんだけど」
幼「カズノコは?」
俺「昔『ほーらカズの子供食べちゃうぞー』ってお父さんに意地悪されてたから嫌いだ」
幼「それやろっと」
俺「止めろよ」
幼「へっへっへ、買っちゃうし」

相変わらず嫌がらせが好きだな、こいつは。
俺の子種を口に出してこれがホントのカズノコだって言って飲ませてやろうか。

 ◇

俺「この肉すげえうまい!」
幼「そう?」
俺「これさ、そこまで高いやつじゃなかったよな?」
幼「うん」

レシートを眺めてみる。やはりそれほど高い肉ではない。

俺「うわ、これすごく良いわ。この値段でこれならステーキ肉よりお得だ」
幼「あれは結構するもんね」
俺「今度自腹で多い方買ってみるわ。30日に買う」
幼「30日って安いの?」
俺「頑張ったら月末にご馳走してくれる約束だろ」
幼「そんなの忘れてた」
俺「頑張ったよね俺」
幼「どうかなあ……」
俺「頑張ったって」
幼「まあ、30日をお楽しみにってことで」
俺「残りも頑張ればいける?」
幼「多分ね」
俺「よーし、明日も頑張ってるフリをするぞ!」
幼「そこはフリじゃなく頑張ろうよ」

 ◇

俺「お腹いっぱい」
幼「食べ過ぎ」
俺「食後の運動しようかな」
幼「それでなんでひっつく」
俺「あれは一人じゃ出来ないじゃん」
幼「あれじゃ分からん」
俺「愛の確認だよ」
幼「したいの?」
俺「やっぱり今日は大人しくしてなきゃダメ?」
幼「んー……私が動いてあげようか?」
俺「えっ」
幼「嘘だけどね」
俺「男の純情を踏みにじりやがって」
幼「全く純情な要素がないでしょ」
俺「男の劣情を踏みにじりやがって」
幼「ふふ」
俺「上に乗ってほしくなっちゃって我慢出来ない」
幼「変態」
俺「淫乱な先輩に犯される新入社員って設定で頼みます!」
幼「おやすみー」
俺「ごめん調子乗った」

 ◇

経緯は忘れたが、なんだかんだ文句言いながらも職場の制服を着てくれた幼なじみ。

俺「すげえエロい」
幼「汚さないでよ?」
俺「先輩、こんなところに呼び出して何の用ですか?」
幼「ちょ、私まだ台本読んでないって」
俺「これ台本作ってないから」
幼「どうすんのよ」
俺「とにかく迫って押し倒して入れちゃって」
幼「簡単に言うなよ」
俺「先輩、用事がないなら帰りますよ」
幼「慌てないで。呼び出したのはね、和君緊張してるみたいだからリラックスするように……」
俺「え?」
幼「ふふっ……ちゅ……」
俺「ん……!」
幼「……ふう、おいしい。気持ち良いことしてあげるから、じっとしててね」
俺「先輩……」
幼「みおって呼んで……」
俺「みおさん……」
幼「わ、すごい……もう大きくなってる……嬉しいな。舐めちゃうね」
俺「みおさん、そんなにしたら僕……」
幼「我慢しないで良いのよ?」
俺「みおさん……みおさんのも舐めさせて下さい……」
幼「ん……」
俺「みおさんのここ、きれいですね……」
幼「あっ……上手だね……」
俺「おいしいです」
幼「ふふっ、嬉しい……和君のもすごくおいしい」

 ◇

俺「みおさん、もう僕我慢出来ないです。入れて下さい」
幼「じゃあ、犯して下さいって言ってくれたら入れてあげる」
俺「犯して下さい」
幼「かわいい……」
俺「あ……早く奥まで……」
幼「ん……んんっ!」
俺「ああ……」
幼「和君の……すごい……」
俺「みおさん……」
幼「あっ、あんっああん……気持ち、良い?」
俺「気持ち良いです」
幼「私も、すっごく気持ち良い……」

 ◇

俺「もう出そうです……」
幼「良いよ、中に出して……」
俺「それはダメですよ」
幼「ダメとは言っても止めないんだね……」
俺「だって……わ、激しくしないで下さい……」
幼「たくさん出して……」
俺「みおさん……はあはあ……」
幼「呼び捨てで良いよ……」
俺「みおっ……」

 ◇

[事後]

俺「ふー……ふー……」
幼「和君……」
俺「キスして良い?」
幼「うん……」
俺「……」
幼「ん……」
俺「……大好きだよ」
幼「えっちの時、好きって言ってくれなかった……」
俺「いや、なんか好きじゃないって設定なのかと思って」
幼「途中で告白してよ」
俺「その発想はなかった」
幼「なんか流れが嫌で怒ってるのかと心配したよお」
俺「怒るわけないじゃん。すごくエロかったよ」
幼「色々言うの恥ずかしかった」
俺「犯されてる感じで気持ち良かったよ」
幼「変態」
俺「みおは今のはイマイチだった?」
幼「ん……結構良かった……」
俺「良かったのかよ!」
幼「えへへ……」
俺「また着てくれる?」
幼「考えとく」
俺「そうだ、この服で家庭教師と生徒はどう?」
幼「色々考えるなー……」
俺「そんなにほめるなよ照れるぜ」
幼「あきれてるんだけどね」
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。