日常編19


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

[09/04/13書き込み]

俺「また夢を見たんだけど聞きたい?」
幼「聞いてあげよう」
俺「各部活の奴らに追われてるわけ」
幼「いきなり意味が分からない」
俺「理由は忘れたが一つの中学の生徒全員に狙われてる」
幼「なんだそりゃ」
俺「そんで、ストローってスポイトみたいに指でフタしてジュース吸い出せるじゃん。
  それを使って『ストロー、ストロー、よっほっほ』って言いながら一斉に指を離してその形で二人一組に別れるんだ」
幼「わけわからん」
俺「俺は千秋と行くことになった」
幼「誰だよ」
俺「三女の方の千秋だ」
幼「え、漫画の?」
俺「まあアニメにもなってるけどな。でもあれは漫画版だったな」
幼「じゃあ白黒なの?」
俺「夢って色付いてるっけ?」
幼「付いてないっけ?」
俺「白黒だったような……」
幼「調べてみて」

 ◇

俺「えー……『男性より女性の方が色が付いた夢を見やすい』だって」
幼「そうなんだ」
俺「知らなかったな」
幼「それで続きは?」
俺「忘れたぞ?」
幼「えー」
俺「調べさせるのが悪い。
  俺はさ、布団の中で時間かけて思い出して、起きたらそのまま一気に話さないとほとんど忘れるから。
  ……たしか剣道部がこわかったな。竹刀早い。水泳部はビート板でポカポカするだけだから平気なんだけど」
幼「ビート板ってやる気あるのか。逃げられたの?」
俺「どうだったかな。中学時代のお前に水泳部からぶんどったスクール水着を着てもらったとこまでは覚えてるんだが」
幼「勝手に変なことさせるな」
俺「中学時代もかわいかったよ。千秋よりかわいかった」
幼「うるさい」
俺「でも、なんで胸が中学から成長してないんだ?」
幼「してます!勝手に夢で私の中学の胸のサイズ決めるな!」
俺「え……じゃあ中学卒業までAカップ?」
幼「……黙秘権を行使します」
俺「次に中学のお前の夢を見る時は胸のサイズに気を付けるよ」
幼「むしろCカップにしてあげて」

 ◇

幼「最近なかなか起きないのって思い出してるの?」
俺「いや、眠いだけ。
  ……でもこれからは夢を見たことを覚えてるの多いかもな、自分で自然に起きる時は記憶にないから。
  前に大人になってからは夢思い出せないって言ったが、よく考えると無職で朝起こされないからだわ」
幼「昔からこんな夢だったの?」
俺「昔は高い所から落ちる夢が多かったな。アスファルトにぶつかる寸前で起きて心臓バクバク」
幼「落ちる夢ってよくないんだよね」
俺「なんで?」
幼「精神的に追い詰められてるとか」
俺「……」
幼「黙るなよ急に」
俺「いや、この二回はどういうことなのかなと思って。追いかけられる夢ってよくなさそうじゃん」
幼「良くないよたしか」
俺「見てみるかな……」
幼「後で送ってね」
俺「分かった」

 ◇

俺【セックスに対する不安や恐怖だって】
幼【ないだろそれは】
俺【もしくはセックスに対する期待】
幼【それだな】
俺【追われる相手に実は捕まってみたい可能性も、だって。そういや女子中学生ばっかだったな】
幼【ロリコン】
俺【異性に追いかけられる夢は、異性にもてて困るような人が、異性に対するトラウマから見ることがあるようです】
幼【ないない、次】
俺【せっぱ詰まった問題を抱えているのではありませんか、とのこと】
幼【早く吐け】
俺【全体的には、疲れてる場合に多いと】
幼【今日は早く寝ろ】
俺【おやすみ】
幼【仕事終わってから寝ろ】
俺【zzz】
幼【z全
  z財産
  z贈呈します

  そうかそうか。良い心がけですね】
俺【違う】
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。