日常編15


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

[09/04/01書き込み]

俺「やっぱりカニクリームコロッケは難しいみたいだから、今日は良いよ」
幼「でも、食べたいんでしょ?」
俺「まあ弁当屋とかで買えば良いじゃん」
幼「えー、それでコロッケが一番美味しかったら嫌だもん。
  それに私も作ってみたいし、やるだけやってみる」

料理嫌いなんだから本当は面倒なはずだが、ありがたく作ってもらうことにした。

俺「じゃあせめて俺が買いに行くよ」
幼「お前方向音痴だから探すの遅いし、また無駄にお菓子とか買ってくるからいっしょで良い」
俺「だってあのお菓子、食べられて口笛も吹けるんだよ」
幼「うっさい。お前は荷物係くらいしか役に立たんわ」
俺「では荷物係でお供しますか」
幼「うん」

 ◇

俺「おお、美味しそう」
幼「味は分からないけどね」
俺「先に食べてて良いか?
  お昼食べてないんだ」
幼「お前バッカじゃない?
  良いよ先食べて」
俺「美味い」
幼「それだけお腹空いてりゃね」

 ◇

俺「おかわり!」
幼「また?」
俺「じゃあ、これの分だけで良いから」
幼「もう明日で良いでしょ。無理に食べるな」
俺「くれよ……うう……」
幼「泣くなバカ!そんなに食べたいのかよ」
俺「違うんだ……すごく美味しいから感動して……」
幼「全く……ほら、このくらい?」
俺「うん……ありがとう。
  何もかも美味いよ……こんなに美味しいの生まれて初めてだよ……」
幼「ふふ、みか……味覚がおかしいんじゃ、ないの?」
俺「お前も泣いてるじゃんか……美味いだろ?」
幼「お前がバカ過ぎて泣けてきただけだし……」
俺「こんなに美味いの作られたら誰でも泣くよ……」
幼「ふふ、お前だけだ」
俺「なあ……来月仕事頑張ったらまた月末にご馳走作ってくれる?」
幼「頑張ったらね」
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。