目隠し編02


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

俺「そもそも、ちゃんとしたアイマスクとかないなあ」
幼「なくて結構」
俺「これどう?」

幼なじみのピンクのカーディガンの袖で自分の目を隠してみる。

幼「あはっ、似合う」
俺「似合うってどうなんだ」
幼「変質者っぽくてぴったり」
俺「はあーはあー……これがナースのカーディガンか……二万で買って良かった……」
幼「お前がやるとリアルだからやめろ」
俺「あれ、どこ行った?」

手を伸ばしてもどこにもいない。膝を立たせてふらふらしながら探してみる。

幼「ほっといて寝ようかなと」
俺「置いてかないでくれよ」
幼「こっちこっち」

頭にツンツンと何かがあたる。

俺「こっち?」
幼「おまちゃの猿みたい」
俺「シャンシャンシャンってシンバルのやつ?」
幼「そうそう」
俺「お、太ももだ」
幼「そこ二の腕だよバカ!」
俺「ほっぺただ」
幼「そこ首だよバカ!」
俺「キスしよ」
幼「そこ鼻だよバカ!」

 ◇

俺「全然分からん……」
幼「これなんだ?」

何かが俺の股間を刺激する。

俺「おそらくみおの体」
幼「ちょっ、もっと狭めて!」
俺「贅肉?」
幼「贅肉じゃないわ!」
俺「脂肪?」
幼「死んでよし!」
俺「本当は足」
幼「さすがに分かった?」
俺「だって引き締まってスベスベの良い足ですもん。たまりませんよ」
幼「よし、許してあげましょ」
俺「見えないとドキドキする」
幼「続けてほしいからってそんなこと言って」
俺「続けてくれないの?」
幼「続けてほしい?」
俺「うん」
幼「ふひ」
俺「直に触ってほしい」
幼「んー……」
俺「ダメ?」
幼「それじゃ、準備するから下脱いでて」
俺「準備?」
幼「良いことしたげるからあお向けになってて」

もしかしてローションで足の裏ぬるぬるにして……?

 ◇

俺「脱いだよ」

俺「まだー?」

俺「……みお?」

俺「いないの?」

俺「……」

俺「みお、怒ってるの?
  贅肉なんて嘘だよ」

俺「……」

 ◇

だんだん胸の鼓動が早くなる。性的な興奮ではなく、何かしでかしてしまったのではないかという不安でだ。
嫌な汗をかきはじめ、胸からドクンドクンと聞こえてきそうだ。俺はもう涙目になっていた。

俺「みお、ごめん……」
幼「ん、別に怒ってないよ?」

急に近くで愛しい人の声がする。
俺は探して夢中で抱きしめた。

俺「みおー……」
幼「放置プレイってのやってみようかと思ったけど、泣きそうだったからやめた」
俺「怒ってない?」
幼「全然気にしてないよ」
俺「みお、みお好きだよ……あれ、裸だ」
幼「遅いわ!」

補足しておくが、俺が上を着たままだったからすぐには分からなかっただけで、裸同士ならすぐに分かるよ?

 ◇

幼なじみが覆い被さった状態で、しばらく会話を続けた。

俺「どうして裸?」
幼「脱ぐって言ったら聞き耳立てられるから」
俺「カーディガンが耳にかぶさってるから分からないよ」
幼「じゃあ私が近づいてるの分からなかった?」
俺「足音もしないし、怒って出かけたのかと思った」
幼「私、そんなに怒りっぽい?」
俺「いや、そういう意味じゃないよ」(怒りっぽいけど)
幼「どういう意味ー?」
俺「俺、気が利かないから知らない間に傷つけてるだろうし」
幼「そんなことないよ」
俺「最近、お前優しすぎるんじゃないか?
  エサばっかりやって調教しないと、元々向上心がないんだから成長しないぞ」
幼「調教しちゃおっかな。エッチな調教」
俺「どんな顔で言ったのかと思うとゾクッとする」
幼「引いた?」
俺「むしろイキそう」
幼「バカ」

 ◇

幼「ちょん、ちょん」
俺「ん……」
幼「おお、元気な反応」
俺「みお……手握ろ?」
幼「ふふ……甘えんぼ」
俺「気持ち悪い?」
幼「ちょっとかわいい」
俺「みお……」
幼「んー……」
俺「早く……」
幼「何すれば良い?」
俺「煮るなり焼くなり好きにしちゃって」
幼「どうしよ……」
俺「じゃあ顔に乗ってほしい」
幼「え……こう?」
俺「もっと、舐められるように乗って」
幼「苦しくない?」
俺「苦しい時はお尻に指入れる」
幼「普通に教えろ」

 ◇

幼「ちょっと、音立てないでよ……」
俺「……だって飲まないと溺れるし」
幼「そんなに出てないでしょ」
俺「びしょびしょじゃん……んん……」
幼「犬みたい……」
俺「貴女の犬です」
幼「いぬー、よしよし……」
俺「んぐ……」
幼「やっ……ああん……もっ……」
俺「はあはあ……」
幼「……恥ずかしいから私も舐めたい」
俺「ん……勝負する?」
幼「……良いよー。私が勝ったらこの前のステーキ屋さんね」
俺「じゃあ逆になってよ」
幼「よいしょ……」
俺「お尻も好き」
幼「あっバカ……指……なしだって……ばかぁ……」
俺「ごめん、カーディガンが邪魔で聞こえないや」
幼「んん……目隠し外してないだろうな」
俺「してるよ」(嘘だけど)
幼「カーディガンがお尻に当たらないんだけど」
俺「気のせい」

 ◇

幼「……ねえ、今日は私の好きにして良いんだよね?」
俺「うん。調教でしょ」
幼「……入れたくなっちゃった」
俺「もう、どんどん犯しちゃって下さい」
幼「じゃあ犯しちゃ……お前やっぱ目隠ししてないじゃん!」
俺「途中で取れちゃったけど言いにくくて」
幼「絶対嘘だ……多分後ろ向いた瞬間に外してたし」
俺「だってお尻を大迫力プラズマテレビで見たかったんだよ」
幼「うるさいうるさいうるさい!」ポカポカ
俺「あ、それもういっそのこと口癖にするとかわいいと思うよ」
幼「二度と言わせないように」
俺「えー」
幼「ほら、目隠しちゃんとして」

 ◇

俺「うわ、先が……」
幼「ふふ……」
俺「やばい、早く……」
幼「入れるよ……」
俺「うん」
幼「やっぱやーめたっ」
俺「えっ……」
幼「んー?」
俺「犯して……」
幼「それじゃ、たまには和君にお願いしてもらおっかな」
俺「なんて?」
幼「私に言わせてるような感じで」
俺「犯して……下さい……お願いします……」
幼「和君はいつも、名前も付けろって言うよね?」
俺「しまった……」
幼「ふふふふ」
俺「犯して下さい……お願いします……みおちゃん」
幼「なんでちゃん付け?」
俺「様付けは恥ずかしかったし、さん付けしたことほとんどないし」
幼「みおちゃんなんて久しぶりじゃない?」
俺「恥ずかしい……もうやだ……」
幼「えへへ、たまにはいじめ返さなきゃね」
俺「入れてよ……」
幼「言われなくても入れますよ」
俺「う……はあ……気持ち良い……」
幼「うーん、目が見たい気もする」
俺「おっぱいどこー?」
幼「ダメダメ、私が勝つんだから」
俺「勝負続いてるのかよ」
幼「負けそうになったらやめる」
俺「ずるいぞ」
幼「文句言うなら動くのやめちゃうよー?」
俺「文句ありません」
幼「犯してもらうの好き?」
俺「好きです」
幼「変態だもんね」
俺「うん……あ、だめ……」
幼「声、女の子みたいだね……」

 ◇

俺「もう……イッちゃう……」
幼「イキたい?」
俺「イキたいよ……」

幼なじみが俺の目隠しを外して笑顔でこう言った。

幼「私の目を見てイカせて下さいって言って」
俺「イカせて下さいっ……!」
幼「じゃあ、良いよ」
俺「みお……大好き……」
幼「や……何その顔、ぞくぞくしちゃう……」
俺「あっ、あっ……みおっ……抱きしめさせて……キス……」
幼「うん……んっ、んん……」
俺「んっ……んんん……んんっ!」

 ◇

俺「イッちゃった……」
幼「和君……」
俺「好きだよ……」
幼「和君がイキながら唇噛んだ」
俺「あ、ごめん。夢中で……大丈夫?」
幼「まあ痛くなかったけどね」
俺「見せて」
幼「別になんともないよ?」
俺「一応俺のツバで消毒しとく」
幼「あはっ、じゃあお願い」
俺「ん……」
幼「……」
俺「もう大丈夫?」
幼「ばっちり」
俺「残念だな」
幼「やっぱりもう少し消毒した方が良いかな」
俺「そうでしょそうでしょ……」
幼「んん……」

 ◇

俺「念入りに消毒したよ」
幼「ありがと。病気になったら大変だからね」
俺「ただでさえ病気がちなんだから気をつけないとね」
幼「それはお前だろ」
俺「ふふ、恋の病にかかりっぱなしだろ?」
幼「かかってないし」
俺「おい、それは本気で言ってるのか!?」
幼「本気なら同棲してないだろ」
俺「はははは」
幼「……」
俺「笑えよ!本来なら春日が無視する方じゃんか」
幼「ああ……オードリーだったのか」
俺「ああって。流れがもろじゃん」
幼「いや、気づかなかったし。まあ気づいても乗らないけど」
俺「言い方が似てなかったか」
幼「でも顔は似てるんじゃね」
俺「そこは別に似てなくて良いんだがな」
幼「あはは」
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。