ホワイトデー編03


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

俺「ローションそのままで汚れないかな?」
幼「知らん」
俺「俺が上の方が良いよね、多分」
幼「汚れたらお前に洗濯させるから別に良いけど」
俺「ゴムにローション塗るとどうなるんだろ?」
幼「だから知らんて」
俺「ああ、この入る時って不思議だ……全然入りそうにないのにな」
幼「見るなよぉ……」
俺「こうやって先を突っ込むとちゃんと入るんだよな」
幼「入れるなら早く入れてよ」
俺「いや、不思議だなって」
幼「恥ずかしいよ、早く」
俺「じゃあ、奥まで下さいって言ってみて」
幼「それの方が恥ずかしいってば」
俺「聞きたいな」
幼「ささやくな」
俺「頑張ったのになー」
幼「あーもうっ、言えば良いんでしょ!?」
俺「みお大好き」
幼「バカ……」

 ◇

俺「さ、どうぞ。目を見て言ってね」
幼「んと……」
俺「はあ……はあ……」
幼「息が荒いよ……」
俺「じらすんだもんよ」
幼「恥ずかしいんだよ」
俺「ふう……」
幼「奥まで……入れて……」
俺「下さいじゃなきゃダメ。もう一回」
幼「えーっ!?
  もうやだ……」
俺「頑張ったのに残念でしたね」
幼「また今度ね。ほら、乾いちゃうからさ」
俺「大丈夫、むしろ濡れてる。ほら」
幼「あん、触っちゃだめ……」
俺「早くみおの中に入れたいな……みおは嫌なのかな……」
幼「嫌じゃないよ……」
俺「だったら言ってくれるよね」
幼「……奥まで……入れて下さ――」

♪アンインストール アンインストール

幼「……ごめん、お父さんだ」
俺「出れば?」
幼「良い?」
俺「うん」
幼「もしもし」

さあ、入れるか。

 ◇

幼「うん……えー。
  ……ちょ、ちょっと待って」

慌てて携帯をパタンと閉じる幼なじみ。前にもこんなことがあったな。

俺「どうしたの?」
幼「何してんのよ!」
俺「このチャンスに屈曲位で入れようとしてる」
幼「電話してるでしょうが」
俺「電話させながらしてみたいっす」
幼「もう意味分からん」
俺「理屈じゃないっす。体が勝手に動いたっす」
幼「誰だよ」
俺「ゆっくり動くからお願い」
幼「バカなことしてる場合じゃないんだけど」
俺「なんで?」
幼「お父さん来るって」
俺「どこに?」
幼「ここ」
俺「なんで?」
幼「ホワイトデーだから」
俺「なんでホワイトデーなのに空気読まないの?」
幼「こっち来たついでにホワイトデーとか意味分かんないこと言ってる」
俺「どうするの?」
幼「良い?」
俺「良いけど、入れたままで良い?」
幼「じゃあ、つねったら絶対に動くなよ!?」
俺「うん」

 ◇

幼「……もしもし。何時頃になる?」

まさか自分の娘が電話しながら男に抱かれてるとは思うまい。実に良い気持ちだ。征服感がたまらない。
エロ漫画だとこういう時には突然腰を激しく振って声を出させようとするが、俺はさすがにそこまで鬼畜ではない。
……だけど少しだけ動いてみよう。

幼「ご飯ないよ?
  うん。うん。別に」

腰をゆっくりと動かしながらおっぱいを軽くなでてみた。
後で覚えてろよ……と言いたげな顔をしている。

幼「じゃあ駅着いたら連絡して。うん」

なにっ、もう切るのか。まずい、まだつねられてない。もったいないのでちゃんと動こう。

幼「んっ……ごほっごほっ」

咳でごまかしながらほっぺたを思いきりつねられた。

幼「じゃあね」

パタン

幼「……あんたねっ!」
俺「ひどいよ、本気でつねるなんて。痛いじゃないか」
幼「うるさい!
  ん、やん……バカ、まだ怒って……」
俺「ごめん、我慢できない。怒られながらするからそのまま怒ってくれ」
幼「おまっ……ひんっ!」
俺「ごめんね、バカでごめんね」
幼「やめっ、怒れな……ふああ……」

 ◇

俺「イク……あっ、あああ……」
幼「んんっ……」
俺「はあ、はあ……イッちゃった……」
幼「うん……」
俺「大好き……」
幼「私も……」
俺「……」
幼「もう……やめろって言ったでしょ」
俺「今やめたよ」
幼「これは終わったって言うの!」
俺「うまいこと言うね」
幼「えっと……ほら、何怒るか忘れちゃったじゃない!」
俺「たしかクラナドの最終回がイミフだった件についてだったと思う」
幼「違うわっ!とりあえずお前がバカなんだよ、バカバカ!」
俺「中学で、考えるよりまず行動と先生に言われたもんでつい」
幼「お父さんどうしよ」
俺「とりあえずシャワーだろ、ローションやばいし」

 ◇

ジャアアアア……

俺「俺帰る?」
幼「居てよ。気まずいじゃん」
俺「俺が居た方が気まずいと思うが」
幼「見せられないようなのと同棲してるのかと思われるじゃん」
俺「別に良くね?」
幼「お前も巻き添えだ」
俺「フォローはせんぞ?」
幼「全部お前のせいにする」
俺「無理だろ」
幼「こいつが無理矢理押しかけてきてって」
俺「殴られるからダメ」
幼「じゃあどうしよ」
俺「正直に言うしかないんじゃないか?」
幼「だよね」
俺「俺の性奴隷なんですって」
幼「言うかバカっ!」
俺「ホワイトデーなんで来ましたって言ってごまかせるかもしれんが、ホワイトデーに家に上げてるんだからどっちにしろ付き合ってる感じになるだろ」
幼「うーん……同棲って怒られるかな?」
俺「怒られたって関係なくね?」
幼「そーね……まあ驚かないようメールしとくよ」
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。