デート編


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

[09/02/24書き込み]

  • 支度中

俺「途中、薬屋で飲み物買って行こうぜ。長いペットボトル98円だから。
  あのたこ焼き結構熱いから飲み物ないと口ヤケドするよ」
幼「私、なんかヨダレ出てきちゃった」
俺「俺も熱いの想像したらヨダレ出た。
  交換といきますか?」
幼「なんでよ!」
俺「あーん」
幼「ほ、ほんとに!?」
俺「うん」
幼「ん……」
俺「ふう、おいしい」
幼「朝からまったくもう」

  • 銀だこにて

幼「はふはふ……ふわ……はわわ……」

目を白黒させながら口をもごもごする幼なじみ。
だから熱いと言ったのに。

幼「ふう、熱っ」
俺「飲み物なかったらやばかったろ?」
幼「うん、アツアツだ」
俺「これ、油使ってるから外カリカリしてんだぜ」
幼「へえー」
俺「でもたこ焼きじゃないよな、たこ揚げだよ」
幼「美味しいから良いじゃん」
俺「まあな。俺のも食べてみるか?」
幼「食べてしんぜよう」

 ◇

幼「ごちそうさま」
俺「また食べに来るか?」
幼「うん」
俺「ここ以外にもいくつかたこ焼き屋あってさ。
  上野の方に行くと6個200円12個400円のとこがあるんだよ。腹ペコん時はそっちで食うんだ」
幼「200円て安いね」
俺「その分小さいから12個でもそこまで量があるわけじゃないけどな。
  だけど関西出身の友達も美味いって言ってたから、そこも値段のわりにいけると思うよ」
幼「いつもメールしてる子?」
俺「ああ、違う違う。
  平日の朝からゲーセンにいるおっさんだよ」
幼「それ、お前も平日の朝からゲーセン行ってたってことだよね」

 ◇

  • ゲームセンターにて

幼「すごいな、何あの椅子」
俺「あれで寝ちゃう人よくいるらしいよ」
幼「寝そう寝そう。普通にソファーみたいだよね」
俺「俺はあれはメダル増やせないんだよな」

 ◇

俺「ほい」
幼「これ何枚?」
俺「両方五百だからどっち選んでも同じ」
幼「五百枚も使って良いの?」
俺「まだたくさんあるし、もうあんまり来ないだろうからな。
  期限切れで無くなる方がもったいない」

 ◇

幼「もうちょっとなのに全然ボールが落ちない」
俺「プッシャーはもうちょっとからが長いんだよ」
幼「プッシャー?」
俺「こういうメダルゲームのことだよ。メダルをプッシュするからプッシャーなんじゃない?
  ここまでやって他の人にボール落とされるんならと、あと千円あと千円とだらだら続けて全部使って帰る高校生がよくいる泥沼システムだ」
幼「あらら、かわいそ……」
俺「あと少しになった所をすかさず俺が座ると」
幼「ひどっ」
俺「だから客層の甘い店じゃないと増やせない」
幼「なるほど……小賢しくズルをするわけか」
俺「ズルって言うな」

 ◇

俺「微妙に増えた?」
幼「どうだろ」

ズシャッ ザラザラザラザラザラ……

1123枚

俺「123枚増えた」
幼「私のおかげ」
俺「お前ほとんどアイス食べながら見てただけじゃねーか」
幼「ボタン押したじゃん」
俺「一番楽しいとこ取りやがって」

 ◇

  • ヨドバシカメラにて

幼「定価よりこんな安いんだ」
俺「まあゲームならポイント合わせれば一割以上は安いかな」
幼「結構ポイントカード持ってるよね、秋葉原のとか」
俺「まあね」
幼「値段なんて関係ないって感じで買ってるのかと思ってた」
俺「そんなことないよ、ここにあるおもちゃはヤマシロヤでは買わないし。あそこ定価ばっかなんだよな」
幼「一応節約するんだ」
俺「俺は結構ケチだぞ?
  携帯のクーポンだってたくさんあるし」
幼「本当だ。ガストなんて行くの?」
俺「行かない」
幼「意味ないじゃん」
俺「今週はマックのクーポンが神クーポンなんだよ。
  ナゲット百円フィレオフィッシュ百円、東京はてりやきも百円」
幼「すげー!」
俺「二時からだけどな」
幼「それ後でちょうだい」
俺「おう」
幼「フィレオフィッシュ好き」
俺「じゃあ帰りマックにする?」
幼「うん」

 ◇

  • ヤマシロヤにて

幼「ヤマシロヤでかっ!」
俺「ああ、お前と行った時はまだ改装前か。あれから、ここが大工事になって仮店舗で一年ぐらいやってたんだよ」
幼「なー……」
俺「なーってなんだよ」
幼「分かんない」
俺「分かんないのかよ」

 ◇

幼「これどうなってるの?」
俺「それは、中に鏡が入ってて……」

 ◇

幼「あーこれ懐かしいね」
俺「こういうのまだあんだな」

 ◇

俺「おもちゃ屋なんてしばらく来てなかったんじゃないの?」
幼「うん、十年は来てないと思う」
俺「どう?」
幼「面白い。びっくりした」
俺「買いたくなるの分かるでしょ?」
幼「うんうん」
俺「でも最近のおもちゃはとにかく高いよな。貯金箱が数千円だぜ」
幼「でもゲームみたいになってて楽しそうだよね」
俺「全体的にハイテクだよな」

 ◇

  • 洋服屋にて

幼「これどう?」
俺「露出度高いの好きじゃないなあ」
幼「あー、ロリコンだもんね」
俺「胸ないんだからかわいい服の方がぶな、イテッ」
幼「……これは?」
俺「良いね」
幼「うーん白と黒どっちが良いと思う?」
俺「白」
幼「えー、黒のが良くない?」

どっちが良いか分かっててなぜ聞いたのだろう。

 ◇

幼「これ着てみれば?」
俺「もうちょっと地味なのが良いな」
幼「派手かな?」
俺「出来れば無地が良いな」
幼「無地ってあんた(笑)」
俺「だってこんな格好したら調子に乗ってるとかいちゃもん付けられて中学生にカツアゲされちゃうよ」
幼「さすがにそれはないだろ」
俺「ついでにエアマックスとGショックとたまごっち強奪されちゃうよ」
幼「持ってないだろ」

 ◇

結局着てみた。

俺「どうかな」
幼「良いんじゃない?」
俺「そうかな」
幼「でもちょっと高い?」
俺「ゲーム買えるよね」
幼「漫画何冊買えるとかで考えるのやめろっての」
俺「買おうかなー、服がダサくてお前に嫌われたら嫌だし」
幼「それ着た方が格好良いよ」
俺「買う!」

 ◇

  • 上野駅構内の本屋にて

幼「これ集めてなかった?」
俺「それは限定カバーあるからちゃんとメロンブックスで買ってる」
幼「よく覚えてるよねそこまで」
俺「特典ペーパーとか付く漫画は大体決まってるからな」
幼「そういえば思い出したけど、前によく知らないで特典ペーパー捨てちゃってた。なんかチラシみたいのたくさん挟まってらって思って」
俺「なんてこったい/(^o^)\」

 ◇

  • マクドナルドにて

俺「かざすクーポンで」

♪たらったんらんら

幼「何それ何それ」
俺「かざすクーポンだよ、Suicaみたいにかざすだけで使えるんだよ」
幼「番号言わないで良いの?」
俺「番号とか古いよお前」
幼「マック行ってなかったから知らなかった」
俺「これ始まったの結構前だぞ」
幼「普通に一つ一つ注文するより早くて良いね」
俺「かざすクーポンになってからマック行く回数増えたよ」
幼「かざすクーポン、私ハマりそう」
俺「毎日作るのは大変だろうし、たまにはマックにしてみれば?」
幼「うん、今度使ってみる」

 ◇

  • 帰宅後

俺「なんか、あんまり案内出来なくてごめん。女の子の喜ぶ所分からなくて」
幼「お前にしては上出来じゃん?」
俺「じゃあまたデートしてくれるか?」
幼「でも外嫌いなんじゃないの?」
俺「お前といっしょに遊びたい」
幼「それなら、今度お父さん所に戻る時に荷物持ちでいっしょに来てくれる?」
俺「それは気まずいな」
幼「和君のこと覚えてるから大丈夫だよ?」
俺「覚えてても、こいつなんでいっしょに来たんだと思われるべ」
幼「ゲームすれば良いじゃん」
俺「あの人すぐ俺のスター取るからなあ」
幼「もうマリオなんてないって(笑)」
俺「全自動麻雀卓まだあるの?」
幼「あるよ」
俺「あれって壊れたりしないの?」
幼「あー、前のはないよ」
俺「お前賭けて麻雀でもするかな」
幼「勝手に私を賭けるな」
俺「俺が勝ったら一晩好きにして良いと。親の居る家でこれは燃えるな!」
幼「やっぱ来なくて良いお前」
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。