ヨーダ編04


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

俺「電話終わったよ」
幼「ちゃんと言えた?」
俺「俺…幸せに出来るか分からないけど、頑張るから」
幼「何聞いたんだよ」
俺「男の秘密だ」
幼「感じ悪――」

ぷっ

俺「…」
幼「…ごめん」
俺「何が?」
幼「…」
俺「おなら?」
幼「うん…」
俺「謝ることじゃないだろ。
  というか別に我慢するなよ、体に悪いだろ」
幼「お前は我慢してないの?」
俺「してる」
幼「自分だって我慢してるんじゃん」
俺「じゃあ今日から我慢したらお仕置きにしよう。
  すかしたりしてるのがバレたらお仕置き」
幼「お前はお仕置きが好きだな…」
俺「お仕置きならしてもされても嬉しいからな」
幼「なんか私だけ損する気がする」

 ◇

幼「すかすのもダメなの?」
俺「音が恥ずかしかったらトイレ行っておならすれば良いじゃん」
幼「それありなんだ」
俺「別にただお前に恥ずかしい思いをさせたいってわけじゃないからな。
  おならを我慢しないんならなんでも良いんだよ」
幼「そっか」
俺「だからおならしたら自己申告な。数があからさまに少なかったらお仕置きということで」
幼「わざわざトイレ行って『おならしてきました』って言うのもそれはそれで恥ずかしいな…」
俺「だったらブーブー鳴らしちゃえ」
幼「そんな音しません」

 ◇

俺「おならまだー?」
幼「そうそう出ないでしょ」
俺「1日に平均十回以上は出るはずだぞ」
幼「そうなの?」
俺「回数ごまかしてんだろ」
幼「してないよ」
俺「つまんねーなー」

 ◇

幼「おなら出そう」
俺「よしきた!」
幼「トイレ」
俺「結局トイレ行くのかよ」

 ◇

俺「おなら出た?」
幼「二回した」
俺「二回!?
  やべえ、抜かされた。油断した」
幼「いや、競うものじゃないだろ」
俺「音聞かれるの恥ずかしい?」
幼「もしブーって鳴ったらお前にすごい言われそうだったから」
俺「ブーブー鳴らないんじゃなかったのかよ」
幼「正直、鳴る。すまん」
俺「知ってるよ。寝てる時にブブーって鳴らしてたもん」
幼「鳴らしてません」
俺「いびきもたまにしてるよ」
幼「いびきなどしていません」
俺「全部ひっくるめて好きなんだから、気にしなくて良いんだよ」
幼「気にします」
俺「恥ずかしいことじゃないって。
  むしろ、そろそろ寝てる間におしっこも漏らしちゃって良いよ」
幼「それはお前の性癖だろ」
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。