ヨーダ編02


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

俺「そんで…明日、ヨーダと遊ぶんだよね?」
幼「ダメ?」
俺「別に良いけど…」
幼「別に良いけど?」
俺「別に良いけど…キスマーク付ける」
幼「えっ、恥ずかしいからやだ」
俺「うう…」
幼「情けない顔するなよ」
俺「ねえ、ヨーダに告白されたらどうする?」
幼「どうもしないよ、今お前と付き合ってるからって言う」
俺「うん…そうだよね…」
幼「どうしたんだよwww変だぞwww」
俺「俺のこと好き?」
幼「なにそれwww」
俺「嫌い?」
幼「嫌いだよwww」
俺「ふぇ…」
幼「ちょwwwウソウソwww好きだよwww」
俺「みお…なんで僕と付き合ってくれてるの?
  あんなこと言ったのに…」
幼「僕ってwww」
俺「みお…」
幼「お互い好きだから付き合ってるんじゃない?」
俺「好きだよ…大好き…」
幼「痛いってwww」
俺「あ、ごめん…」
幼「よしよし…」
俺「ぐす…」
幼「…」
俺「大好き…」
幼「さっき聞いたからwww」
俺「大好き、大好き…」
幼「…もう寝ようか」
俺「うん…いっしょに寝る」

 ◇

自分の心の狭さ、情けなさ、幼なじみの優しさ…それが涙となって流れ出てしまった。
何歳になっても、女の胸でなら思い切り泣けるのは男の特技の一つだ。
俺が泣き疲れて眠るまで、彼女はずっと頭を撫でてくれていた。
起きたら、幼なじみはいなかった。

 ◇

どうせ帰っても誰もいないので、俺はゲームセンターに寄って帰った。一万枚以上貯めてあるので期限が切れたら大変だ。

おじさん「おっ、元気だったかい?」
俺「久しぶりです」
お「どうしたのよ?
  最近来ないねってみんなで心配してたんだぜ」
俺「ちょっと彼女と同棲始めたもんで、近くのゲーセンで様子見ですよ」
お「ラブラブだね」
俺「いやいや。泣いたり泣かせたりで毎日綱渡りですよ。」
お「そんなもんだよ。
  そっちの方は良いゲーセンある?」
俺「いや、あんまりメダル増やせそうなゲーセンはないですね。調整もきつめだしハイエナもきかないし、サービスも少ないんですよね。
  これからもこっちに来ると思いますよ」
お「参ったな、ライバル復活か」
俺「みんなで心配してたんじゃないんですか(笑)」
お「それとこれとは別だよ」
俺「シビアですね」
お「ははは」

 ◇

そして帰宅。

ガチャガチャ

幼「おそーい!」
俺「え、お前早くね?」
幼「何してたの?」
俺「いや、お前が何してたんだよ」
幼「ご飯作ってましたが」
俺「もう?」
幼「お前みたいにぐーたらしません」
俺「ヨーダは?」
幼「行かなかった」
俺「どうして?」
幼「お前が嫌がったから」
俺「別に良いって言ったじゃん」
幼「『別に良いけどやっぱヤダ』ってことじゃないの?」
俺「…うん、そうだけどさ」
幼「でしょ。あとでいじけられても困るしね」
俺「…ありがと」
幼「…で、どこで浮気してきたの?」
俺「痛い」
幼「ご飯食べて来てないでしょうね?」
俺「痛い痛い」
幼「あと龍司倒せないから倒して」
俺「痛い痛い痛い」
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。