日常編113


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

俺「ひゃあ猫!」
幼「もーびっくりするじゃない」
俺「携帯いじってたからもう少しでしっぽ踏むとこだった」
幼「かわいいねー」
俺「起きた」
幼「お前がうるさいから」
俺「わ、また足にすりよってきた。うぎゅう」
幼「猫に好かれるんだね。
  こっちおいでー。にゃーお」

 ◇

幼「んーよしよし」
俺「そんな頭ごしごしして平気なのか? なんか目を細めて迷惑そうな顔してるぞ」
幼「嫌だったら大人しくしてないわよ。ねー?」

ゴロリン。

俺「うわ、猫があお向けになったぞ。おそろしい」
幼「バッカね、これは安心してる証拠なのよ」
俺「でもなんか体をでかくして威嚇してるぞ」
幼「もー、気持ち良いから伸びしてるんじゃないの。
  よしあくしゅあくしゅー。ほらおててがかわいい」
俺「わあ手首が曲がってる!」
幼「これが普通なの!
  ほら和くんにも握手させたげる」
俺「い、良いよ俺は」
幼「かわいいのに」

 ◇

数分後。

俺「……これってこのままなでてたらずっと動かないのか?」
幼「もう行く?」
俺「いや、こんな道路で寝てて車来たらマズイぞ」
幼「あ、そっか。まあ猫はすばしっこいから大丈夫だけど。
  おいでおいでー」

来ない。あお向けのままこっちを見ている。

幼「ほらおいでー。
  ……全然動かないね」
俺「その猫、お前がなで過ぎてもう眠いんじゃないか?」
幼「そうかも」
俺「どうすんだ?」
幼「別にどうってこと」

そう言うとみおは猫をひょいと抱き上げた。

俺「えー危ない危ない。爪とかどうなってんの!?」
幼「人に慣れてるから大丈夫よ」

みおがぽいっと適当な場所に猫を落とす。

幼「ばいばーい、またねー」

 ◇

帰宅後。

俺「猫かわいかったね」
幼「ねー。大人しいし」
俺「猫の手が良かったね」
幼「和くんも触ってみれば良かったのに」
俺「たしか猫耳があったよね」
幼「ああ……そういうことですか」

 ◇

幼「にゃ、にゃあ」
俺「この猫が一番かわいい」
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。