日常編110


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ファイアーエムブレム覚醒をやっていて……。

お嬢様キャラ「なんて野蛮な」
俺「みお、お嬢様言葉を使ってみてよ」
幼「はあ?」

 ◇

幼「お紅茶が入りましたですわっ」
俺「入りましたですわはおかしいだろ」
幼「分かんないもん」
俺「ハヤテ読んでるだろ。ハヤテのマリアさんみたいな感じで良いんじゃないの」
幼「覚えてないよー」
俺「んー……困りましたわねー、とかだろ」
幼「お前やってみてよ」
俺「えっ」
幼「ほら紅茶持って」
俺「んと……お嬢様紅茶が入りましたよー」
幼「ありがとうなのだハヤテー」
俺「なんでナギになってんだよ。似てるけど」
幼「あれっ。お前がお嬢様って言うからだよ。つーかなのだ系のお嬢様やる。そっちのがやりやすい」
俺「ふむ……」

 ◇

俺「お嬢様気持ち良いですか?」
幼「くすぐったいのだ、マッサージはもう良いのだ」
俺「遠慮なさらず」
幼「なっ、なんだか恥ずかしいのだー」
俺「大丈夫ですよお嬢様。気を楽にして下さい」

 ◇

幼「はあ……」
俺「みおって何をやってもツンデレになるよね」
幼「ツンデレじゃない人とかいるの?」
俺「いない」
幼「だよな」
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。