日常編102


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

俺「桃にバレンタインに貰うプレゼント決めたぞ。俺が恥ずかしいゴミ小話書かされたんだから桃には四コマを作ってもらう」
幼「桃ちゃん上手いもんね絵」
俺「これをマンガにしてもらう」

四コママンガ「振り込め詐欺」

一コマ目。アカギの家に電話がかかってくる。「はいもしもし。アカギですが」
二コマ目。ワシズが「もしもし俺だけど。ちょっと麻雀でお金なくなっちゃってヤバいんだよ。次の回でリャンピン振り込んでくれない?」とお願いする
三コマ目。無表情でガチャって切るアカギ。ナレーションで「しかしアカギ意外にもこれをスルー」
四コマ目。ワシズがぐにゃ〜ってなる

幼「……は?」
俺「面白いだろ!?」
幼「そうか?」
俺「絵が付いたらヤバいぞこれは」
幼「うーん……シュール過ぎないか?」
俺「バカそれが良いんだよ。デスノコラとか絵だけでもってかれるって感じじゃんか」

 ◇

俺「……そうでもなかったな」
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。