日常編98-2


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

この日はスパゲティー。

幼「和くん決めたの?」
俺「俺このイカスミにしようかな、具がイカしか入ってないみたいだし」
幼「えー気持ち悪ー。
  イカスミスパゲティーなんて食べられるの?」
俺「イカだろ?」
幼「食べられなくても知らないからね」

 ◇

幼「わあ、来た。いただきまーす」
俺「ふむふむ……」
幼「まっくろけだね」

おそるおそる食べてみる。

俺「ん……辛くて美味いぞ」
幼「えっ辛いの?」
俺「うん。あー、でもトマトっぽいかな?
  なんか普通のスパゲティーの味だわ。ミートソース的な」
幼「えーちょっとちょうだい」
俺「お前、気持ち悪いとか言っといて!」
幼「見た目は不気味だけどなんか美味しいみたいだから」
俺「全く」
幼「あっ美味しいー。私もこれにすれば良かった」
俺「なんだよそれ」
幼「イカスミって苦いんじゃないんだね」
俺「イカスミってほとんど味しないんじゃね?
  トマトに負けてるじゃん」
幼「面白ーい」
俺「ただ、モグモグ……砂抜きしてないアサリみたいにジャリジャリする」
幼「あはは」
俺「まあ200円引きだから満足だわ」
幼「そうなの?」
俺「今日はイカスミスパゲティーの日ってなってるじゃんあそこに」
幼「知らなかったあ。なんで言ってくれなかったのー?」
俺「俺がイカスミスパゲティーにするって言ったらお前がドン引きしてたからだろ……」

 ◇

三人麻雀。

俺「リーチ一発チートイホンイツドラ4」
幼「えー、何点?」
俺「24000だ」
幼「うぇー!?
  なんでそんなショボそうなのが24000で私のさっきのめちゃくちゃすごいのは2000なのよー!」
桃「男は十分の一しか点もらえないで良いよ」
幼「そうしよそうしよ。はい2400ね」
俺「おい」

 ◇

俺「カニなんてたくさん食って楽しいのか疑問だったけど……むぐむぐ……美味しいもんだね」
幼「私まだ食べてない」
俺「えっなんで?」
幼「私が身をほじったのをキミが食べてるからでしょ!」
俺「ああ……」
幼「カニってそのまま食べるのが一番美味しいよね」
俺「というかカニってそのまま以外にどうやって食べるの?
  俺、正月とかにそのまま食べたぐらいしかないから分からん」
幼「あ、私もないかも。あはは」
俺「カニ料理って何がある?」
幼「分かんない」
俺「カニおにぎり、カニうどん、カニピザ……ないなあ。
  んー……あ、カニグラタンとかあるか」
幼「カニチャーハンとか」
俺「あ、結構色々あるな。食べてるじゃん俺ら。
  カニ……カニ……」
幼「カニカマボコ!」
俺「いやそれカニじゃないだろ!
  なんで勝手に『頭にカニの付く料理の言い合い対決』みたいにしてんだよ」
幼「もう最初の主旨忘れてた」

 ◇

幼「はふ、美味しー」
俺「唐揚げも美味いぞ」

お次はフグでした。

幼「えー、フグは鍋でしょ」
俺「それはお前が邪魔な野菜を食べてから食べるわ」
幼「じゃあ全部食べちゃお、なんてね」
俺「あんまりポン酢好きじゃないから鍋は雑炊だけでも良いよ」
幼「じゃあ刺身は?」
俺「刺身はお店で結構食べてたから、お前が満足するまで食べて良いぞ」
幼「フグとかクジラとか食べてたんだっけ」
俺「クジラ美味しくなかった。クジラも唐揚げの方が美味いんじゃなかろうか」
幼「それ唐揚げが好きなだけだろ」

 ◇

うなぎ屋。

俺「はぐはぐ……」
幼「美味しい?」

俺はうな重を食べてるが、みおの料理はまだ肝吸いしか来てない状況。

俺「コンビニやカラオケのと違ってやらかい。すぐ切れる。
  それに骨も全然ないし食べやすい。」
幼「早く食べたい」
俺「ズズ……お前、肝吸いの肝あんま好きじゃないよな?」
幼「嫌いー」
俺「俺食べても良いよ、要らないけど」
幼「お願い」

ポチャンと肝を移す。

俺「仕方ねーなー」
幼「ちょっと私が食べられないもの食べられると大いばりだな」

 ◇

幼「和くん、甘エビも食べられるんじゃない?」
俺「タマゴで良い」
幼「またタマゴー?」

お寿司屋さん。

俺「良いからお前たくさん食べろよ」
幼「分かった」

 ◇

店員「お客さんあんまり食べてないでしょ。良かったらサービスしますよ」
俺「えっ。んっと……」
幼「この人、生のお魚がダメなんですよ」
店員「茶碗蒸しとかもありますがどうですか?」
幼「あっ、茶碗蒸し良いじゃない!
  私にもちょっとちょうだいね」
俺「う、うん」

みおがぎんなんとかを食べてくれるなら安心だ。

店員「じゃあすぐに作りやす」
幼「茶碗蒸し忘れてたね」
俺「茶碗蒸しあるんだ」
幼「あるわよ普通。ほらあそこに書いてある」
俺「メガネ持ってくれば良かった」
幼「失敗を糧にしない男、和くん」
俺「みおについては無視して後悔してたし、もう離さないって思ったけどね」
幼「バーカ」
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。