日常編69


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

幼「えー!?
  ポットがお湯出ないんだけど」
俺「ロック解除しないと出ないぞ」
幼「それほどボケとらんわっ!」

とりあえず様子を見に行く。

俺「ふむふむ、たしかにお湯出ないな……」

ロック解除は出来るが給湯ボタンが反応しない。

幼「ねっ、ねっ」
俺「うん」
幼「なんでたろ」
俺「あれ?」
幼「どした?」
俺「なんかロック解除すら反応しなくなったぞ」

二、三回ボタンを押したらウンともスンとも言わなくなった。
キッチンタイマーとかも作動しない。

幼「あーっ、壊したな!!」
俺「えっ?」
幼「和くんがぶっ壊した!」
俺「いや、俺じゃないって」
幼「壊したじゃないの」
俺「もう壊れてたろこれ」
幼「タイマーは使えたもん」
俺「タイマーだけ使えたって仕方ないだろ」
幼「タイマーがないとアルデンテが出来ない」
俺「アルデンテって分刻みのタイマーで出来るほど大雑把なの?」
幼「スパ王だとピッタシ」
俺「そもそもスパ王ならポットないと出来ないんじゃね?」
幼「あ……」
俺「……」
幼「……」
俺「……」
幼「そうですよ、どうせバカですよ」
俺「何も言ってないだろ」
幼「今の変な空気は『お前バカだな』って感じだった」
俺「いや、そんなこと思ってないよ。
  ただ『君は実にバカだな』って思っただけだよ」
幼「そっちのがムカツクわ!」
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。