日常編65


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

幼「こら、まだ拭けてないでしょ!」
俺「えー」

お風呂上がり。ささっと拭いて終わらせようとしたら止められた。

幼「すぐ風邪ひくんだからちゃんと髪の毛乾かさないと」

みおにガシガシと頭を拭かれる。

俺「うにゅにゅ……」
幼「まったくもー、自分でちゃんと拭きなさいよね」
俺「拭くのつまんないもん」
幼「つまるとかつまらないの問題じゃないでしょ!」
俺「だって飽きるし。ゴシゴシすると疲れるよ」
幼「小学生でも自分で髪の毛拭けるぞ」
俺「ちゃんと拭いたよ」
幼「あんたのは拭いたふりしただけ」
俺「早く自分の体拭かないとみおが風邪ひいちゃうよ」
幼「風邪ひいたらお前のせいだからな……よし、もう良いね」
俺「俺がみおの髪の毛拭いてあげる」
幼「は?」
俺「ゴシゴシ」
幼「お前、口はゴシゴシ言ってるけど実際はナデナデだぞ」
俺「うおおおおお!!
  メガンテェェ!!」

指先に力を込めてワシワシする。

幼「そうそう、力入れなきゃ」
俺「……ふう、疲れた。もう良いや」
幼「こっちが疲れるわ、何がしたかったのよ!」
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。