正月編04


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

幼「おはよ……」
俺「おはよう」
幼「寝てないの?」
俺「んー」
幼「ずっとテレビ?」
俺「お前の顔を見てたんだよ」
幼「うそつけ……」
俺「ひひひ。
  あ、腹へったからみかん食べちゃったぞ」
幼「あっ、そーだ、お雑煮食べるか?」
俺「いや、そんな起きてすぐに作らなくても良いぞ?
  てか、体痛くないの?」
幼「平気、平気」
俺「んじゃ、頼む」

 ◇

俺「やっぱり雑煮の方がおいしいよね」
幼「んー、なにほれ……噛みきれなひ……」
俺「そんなに餅を伸ばす方が難しくね?」(てかみゆきさんかよ)
幼「ふう……」
俺「食事で疲れるなよ」
幼「お前、今日どうするの?」
俺「障害物扱いされるから帰るよ」
幼「夜?」
俺「いや、眠いからこのアニメが終わったら帰る」
幼「寝てから帰っても良いよ?」
俺「でも居心地が良すぎてなかなか帰れなくなっちゃいそうだからさ。同棲まではなるべく我慢しようと思って」
幼「そっか」
俺「だから、何かするなら今のうちだよ」
幼「するかバカ。
  そもそもお前テレビ観るんだろ?」
俺「一度観たから別に良いんだ」
幼「べたべたするな」
俺「起きてすぐは嫌?」
幼「嫌じゃないけどなんかえっちだ」
俺「抱き合うの、気持ち良くない?」
幼「そんなこと聞くな……」
俺「俺はもう気持ち良くなっちゃった」

幼なじみの手を持って、服の上から股間を触らせる。

幼「また大きくなってやがる……」
俺「手、動かして……」
幼「変態め……」
俺「はあ……下、脱いで良い?」
幼「勝手にすれば!?」

 ◇

脱いで直接触らせると、罵りながらも言った通りに手を動かしてくれる。

俺「うん、気持ち良いよ……上手くなった?」
幼「こんなの上手くなりたかない」
俺「あの……嫌なら断って良いんだけど」
幼「やらせといて今さら何よ……」
俺「そうじゃなくて……イク時に顔にかけて良い?」
幼「ちょ、バカじゃないの!?」
俺「ごめん……ちょっと聞いてみただけ……」
幼「……」
俺「お、怒った?」
幼「どうして顔にかけるの?」
俺「え……うんと、自分のを顔にかけられたら……もう自分のものになったような感じに思えて幸せっていうか……まあ胸とかお尻でもそうだけど……」
幼「……」
俺「ごめん……もう言わないから」
幼「……じゃ、あんたの好きなところにかければ?」
 ◇

俺「良いの?」
幼「……特別な」
俺「大好きだよ」
幼「バカ」
俺「じゃあ、顔にかけるから、イクって言ったら目を閉じてね」
幼「えっ、目に入ったらしみる!?」
俺「すごくしみる」
幼「ええ……」
俺「しみるとかよりまず、目に入ったら最悪だと結膜炎になったり失明したりする」
幼「聞いてねーぞ!
  超危険じゃねーか!」
俺「そうだよな、やっぱり止めよ?
  どうかしてたわ」
幼「良いけどな。
  どうかしてるのはいつものことだし」
俺「やっぱり口に出した方が安全だな、飲んだら胃に行くから」
幼「をぉい!?」

 ◇

俺「どこに出しても良いって言ったよね?」
幼「言ったけど、言ったけど……」
俺「てゆーか早くしないともう出る」
幼「えっ、えっ、ちょっとっ」
俺「口に出して良いの?」
幼「も、もう好きにしろっ」
俺「し、舌出して、目閉じて……」
幼「ん……」
俺「イクよ……」
幼「ん……」

俺が、幼なじみの口の中に精液を出すと、ティッシュを取っている間にそのまま飲み込んでしまった。

 ◇

幼「ケホ、ケホ……」
俺「あ、ほらこれ飲んで」
幼「んく……はあ……」
俺「どうして飲んでくれたの?」
幼「どうしてって、あんたが口に出したんじゃない!」
俺「いや、ティッシュに吐き出せば良いじゃん」
幼「あ……早く言ってよ!
  わざとでしょ!?」
俺「違うって、わざと隠してたなら言わないよ。
  言わなければこれから毎回飲んでもらえるのに損じゃん」
幼「……変態」
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。