日常編49b


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

帰宅したのは余裕で十二時過ぎだった。

俺「まだお腹いっぱいだ」
幼「そりゃあんだけ食えばね」
俺「眠い」
幼「そりゃあんだけ遊んでりゃね」
俺「お風呂入らなくて良い?」
幼「もう寝ちゃうの?」
俺「眠いや。頭痛いし」
幼「おやすみ」

 ◇

翌朝。

俺「あー……なんか喉痛いな。はくしょん!」
幼「お前風邪ひいたろ」

 ◇

幼「ご飯食べられる?」
俺「お茶漬けが良いな。鮭茶漬けあったでしょ?」
幼「分かった」

 ◇

幼【夜ご飯どうする?】
俺【豆腐とワカメの味噌汁が良いな。それとリンゴ食べたい】

 ◇

幼「明日の朝ご飯どうする?」
俺「かまぼこ食べたいな。あとご飯ですよで良いや」

 ◇

幼【平気?
  夜何にする?】
俺【鮭雑炊が食べたいな。あとフルーツオレがあったらほしい】

 ◇

俺「あちあち……ふう……」
幼「美味しい?」
俺「うん。でも、あっさりしたご飯ばっかりでみおはつまんない?」
幼「私はあっさりしたのも好きだけど」
俺「そっか」
幼「てゆーかお前風邪の時の方が食事のバランス良いよな。ずっと風邪ひいてろ」
俺「やだよそんなの」
幼「やっぱお肉食べたい?」
俺「そうじゃなくて、風邪ひいてるとみおを起こしちゃうもん。
  みおに迷惑かけたくない」

俺はチャイムが鳴っても起きなかったりするが、みおはすぐに起きる。
咳やくしゃみで起こしてしまうのだ。

幼「だったら普段からもっと野菜を食べなさい。
  野菜食べないからすぐ風邪ひくのよ」
俺「ごめんね……」
幼「あ、泣きそう」
俺「最近みおずっと優しいんだもん」
幼「バカ」
俺「明日は切り干し大根食べるよ」
幼「お、えらいえらい。風邪治ったらお肉にしてあげるからね」
俺「うん……」
幼「ちょっとずつ頑張っていこ。ね?」
俺「頑張る……」
幼「よし。じゃあ早く風邪治して。
  夜寒いから暖めてくれなきゃ。お前それくらいしか役に立たないんだからさ」
俺「うん……。みおと結婚して良かった」
幼「バカ……」
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。