日常編44a


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

俺「うーん、仕事でカード増えて邪魔だな」

財布にカードが多くなってきた。

幼「キャバクラのカードとかないの?」
俺「ないない」
幼「つまんないな」
俺「うーん……等価交換のパチンコ屋のカードは現金にしちゃっても損しないし、いくつか貯玉出すかな」
幼「等価交換って75%とかに減らないとこだよね」
俺「うん。他はちまちま景品にした方が得だけど等価なら関係ない。
  明日休みだしパチンコ屋に行って来ようかな。良い?」
幼「また私も手伝うー」
俺「お前、勝つの大変なんだぞ」
幼「和君の言う通りにする」
俺「それにしたって並びで打つとなるとスロットが打てないんだよ」
幼「スロットは難しい?」
俺「それもあるけど、スロットは設定によって当たる確率が違うから。
  当たってないのや札刺さってないのに座るなんて自殺行為なんだよ」
幼「当たってるのに座れば良いじゃん」
俺「アホ、そんな台がたまたま二台並びで空いてるわけないだろ。どんな確率だよ。
  それに二人で来てれば普通並びで打ちたいわけだから、良い台が並びでホイホイ空いてるようじゃその店は客に設定を期待されてないってことだよ」
幼「あ、そっか……」
俺「行っても30分で『今日は回らないから帰ろう』ってなるかもしれないよ。
  もしくは『スロットで良いのあったから打つ。お前帰れ』ってなるかもしれない」
幼「それでも良いよ」
俺「だったら良いけど……絶対自分でやらずに帰れよ?」
幼「こわくて自分のお金じゃ無理だよ」
俺「……なら良いか」

 ◇

翌朝、支度中。

俺「あー、一応ズボンにしとけば?」
幼「寒い?」
俺「いや、盗撮とか多いから」
幼「なんですと」
俺「なにしろ、百万負けてるのにそのままのやり方でも取り戻せると思ってる奴らがたくさんいるような場所だからな」
幼「こわいよね」
俺「金持ちは良いけど貧乏人は限度を考えてほしいよな。
  設定一でもほとんどの機種は一日平均一万とか三万とかしか負けないんだから短期間に百万二百万なんて毎日行ってないとありえないんだよ。
  12時間で平均一万二千円の機種なら一時間千円負けなわけでゲーセンやキャバクラとかよりよっぽど安上がりなんだから仕事してる大人が普通にやる分には全然小遣い程度で遊べるんだよな。
  よく知らんが、居酒屋でも12時間飲み食いすりゃ一万二千円くらいかかるんじゃないか?」
幼「つーか居酒屋に12時間はいないけどね」

 ◇

俺「パチンコ依存性ってのがあるからね。アルコール依存性も同じだけど、依存性になって借金したり仕事行かなくなったりする奴がたくさんいる部分に問題があるわけよ。
  むしろ、酒やタバコみたいに運転事故や火事や煙で周りに直接迷惑がかかるわけじゃないのにこれだけ問題にされてるんだからパチンコの依存ってすごい。赤ちゃんを車に放置するレベルだからなあ。
  釣りとかゴルフとか車みたいに高級な道具を使えばパチンコに毎週行くより金かかることって結構あると思うんだけど、そういうのって好きでもあんまり借金までいかないからね。
  釣り道具依存性とかゴルフクラブ依存性とかさほど聞かないし。酒でも何でも趣味で済んでる内は良いんだよな」
幼「そういう意味では、和君はゲームが趣味だから安上がりで良かったね」
俺「ゲームだって一部の課金ありまくりのオンラインゲームとかゲーセンのカードゲームとかにハマるとひどいもんだよ。
  普通のカードゲームもコンプリートしたりすると相当かかるしな。
  昔は貧乏なら貧乏なりに我慢してたけど今は気軽に借金出来るようになったから、どこで誰が何にハマって廃人になるか分からないよ」
幼「こわいね」
俺「俺は廃人にならないようにしないと」
幼「お前はどっちかというと一度廃人になって戻ってきた感じがする。
  今の話とか自分が廃人だったみたいな」
俺「まあニートって廃人だしな」

 ◇

俺「まあ話を戻すとだな、ようするにギャンブル狂は切羽詰まると何するか分からんから小銭稼ぎに盗撮されないよう客に気を付けろってこった」
幼「分かった」
俺「ナンパされたら剣道の段位持ってる俺が一瞬で片付けてやるけどな」
幼「最近お前、剣道習ってたことネタにしてるでしょ?」
俺「気合いだけで半径20メートル吹き飛ばしてやるよ」
幼「剣道ってレベルじゃねーぞ」
俺「いけるいける。
  ニンジャはくびをはねた!みたいな」
幼「ニンジャじゃないだろ」
俺「サムライもニンジャも似たようなもんだ」
幼「サムライでもないし。お前ただの序盤のザコ敵だし」
俺「スライム?」
幼「あんなかわいくない。マリオペイントのミニゲームのザコみたいな感じ」
俺「ただのハエじゃねーか」
幼「アホなことしてる時によく叩きたくなるからぴったり」
俺「アホな子と浮気なんてしてないよ」
幼「こういうつまらないこと言った時とかにね、蹴るわけよ」
俺「うわわっ、納得」
幼「逃げるなこら」

 ◇

幼「これ当たったの?」
俺「うん」
幼「やった。結構早くない?」
俺「まあな」

7500円でみおが単発を引いた。

幼「ついてるね」
俺「単発だから1500発出ても4500円で、まだ3000円負けてるけどな」
幼「じゃあついてないじゃん!」
俺「でも現金6000円分の出玉なわけだからね。6000円投資止められるのはおいしいよ。
  現金と出玉じゃ同じ一時間ハマって3000発減るにしても12000円と9000円で3000円違うんだから」
幼「すごい違うんだ」
俺「出玉ある時は400ハマりが300ハマり分で済むわけだから全然違うよ」
幼「じゃあ安心してハマろ」
俺「おい」

 ◇

みおの当たりが終わった。上皿を減らして100発程残す。

幼「何してるの?」
俺「この玉が、時短の100回転でこのラインまで増えたら千円あげるよ」
幼「本当に?」
俺「あげるあげる」

 ◇

幼「なくなっちゃう……」
俺「ははは」
幼「減るの分かってて言ったんでしょ?」
俺「いや、そういうわけじゃないんだけどね。
  後で説明するよ」
幼「何笑ってんのよー、バカ」

 ◇

俺「お、当たった」
幼「もう分かるの?」
俺「うん、レインボーだったから。
  確変の後の時短で増やすから見ててよ」
幼「分かった」

 ◇

確変中にみおに軽く説明をしておく。

俺「止まるタイミングを見る。ここにランプが止まったら三回開くんだ」
幼「うん」
俺「二回目閉じた時に止める」
幼「……」
俺「ほら」
幼「うわ、ピッタリじゃん!」
俺「そして次の最初の一回が開くとほぼ同時に、さっき三回目が閉じた時に打ち始めた球がやってくると」
幼「うわ、うわうわ!
  なにこれ気持ち悪いお前」
俺「気持ち悪いって言われた……」

※パチンコ知らない人へ
別にすごいテクニックではないです。その辺のばちゃんも出来ます。

 ◇

時短が始まる。

俺「今から話しかけないでね」
幼「うん」

 ◇

俺「ふう……」
幼「すごーい」

なんとか50発程度増やせた。

俺「これさ、50発増えたとするでしょ。さっきのお前は100発減ったとするでしょ。上下150発で450円分違うわけよ」
幼「すごいね」
俺「これを十一回やれば5000円。そういうののおかげで勝てるわけ」
幼「私も増やすー」
俺「まあ最初は難しいかもしれないけど頑張れ。やってることは大なわとびと同じだからパニクらなきゃ絶対に出来ることだ。
  確変中でもラインまで増やせたら千円あげるよ」
幼「やった。十回増やせば一万円だ」
俺「でも普段に保留満タンで保留入ったらマイナス50円ね」
幼「えっ、それきつくない?」
俺「持ち玉になると千円でいくら回るか数えなくなるから、他に何か数えたりした方が飽きないんだよ」
幼「マイナス50円の回数なんて数えたくないー」

50円なのに心底うんざりした顔で言うのがなんだかかわいい。

俺「良いじゃんか、昼飯おごってやるからさ」
幼「やったー、お腹すいた」
俺「じゃあ行くか」

 ◇

幼「何これ、何でみんな並んでるの?」
俺「この店、このイベントは給食出るんだ。揚げパンと牛乳が玉一つで貰えるのよ」
幼「安ーい」

 ◇

俺「むぐむぐ……」
幼「ほら、砂糖が服にこぼれてるよ」
俺「結構パンがでかくて良いよな」
幼「ホント。お腹いっぱいになっちゃう」
俺「男向けのサイズだからな。無理して一気に食べることないぞ、腕が疲れた時にでも食べれば良い」
幼「そうしよ」

 ◇

幼「あ……牛乳まだ残ってたのに店員に持ってかれちゃった」
俺「初心者にありがちだな」
幼「普通に置いてちゃダメなの?」
俺「ダメってことないけど、少ないと振った時に空っぽだと思われるんだよね。だから、たとえばペットボトルのやつならキャップの上にこうやって十円を乗せておくわけよ。
  そうしたら店員が持って振れないから、そもそもチェックされないんで大丈夫なわけ」
幼「頭良いね」
俺「ちょっと恥ずかしいけどな」
幼「ううん、やる。すごい損した気になる」
俺「最悪な店員だと十円に気付かずに勢いよく持って、十円がどっかにぶっ飛ぶんだけどね」
幼「じゃあ一円にしよ」
俺「あとは、下皿に置いておくか透明のペットボトル選ぶかだな」
幼「一円ないや。貸して」
俺「……つーかお前、今保留三つ無駄にしたからマイナス150円な」
幼「ああーっ、保留四つになってるーっ!
  もうバカ!」
俺「なんで俺が怒られるんだよ……」

 ◇

俺「今の三回分で一瞬でジュースを丸ごと以上損したわけだ」
幼「もったいない……」
俺「もったいないと思える内は良い。頭がイカれるとスーパーの卵の値段の数円の差は気になるのに保留一つ無駄にしても全く気にならないからな」
幼「前も言ってたねそれ」
俺「100万とか負けてると、今損した50円が集まって大きなマイナスになってるって思えないのかもね。
  そもそも50円も損したとは感じてないかもしれないし、一日にどれだけ保留が無駄になってるか数えてみたこともないんだろ」
幼「私、めちゃくちゃ無駄にしてそう……」
俺「それに気付くために数えるわけさ」
幼「へこみそう」
俺「まあ玉が入ったら三発戻ってくるから、丸損ってわけじゃないけどね」
幼「でも、それたった九円でしょ?」
俺「そうだな。メインは当たりの抽選の期待値の数十円の部分だから」
幼「もう保留二つで止めようかな」
俺「保留が少ないとリーチかかる確率が四倍とか八倍とかになって台が時間稼ぎするから効率悪いよ。
  そこまで良い釘じゃないから、二つで止めるのは玉がステージに乗ってる時だけにしな」
幼「分かった」

普段は社会常識とか知らない俺の方がみおに色々聞いているのに、逆にみおに教えてばかり。
たとえゲームの攻略とかつまらないことでも、好きな人に頼られると嬉しい。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。