日常編26


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

幼「これ何?」

大きなマグカップのようなものを持って俺に聞く。

俺「それにカップラーメンの容器を入れて上からフタをすれば走ってもこぼれないんだって」
幼「カップラーメン持って走らないだろ」
俺「持ち運んでる時にゴキブリが急に飛んできたら走るじゃん」
幼「こぼれないの?」
俺「こぼれない……らしい」
幼「どうしたのこれ」
俺「騙された」
幼「騙されたって何だよ」
俺「帰り道で開店記念のくじを配っててさ。
  当たりは景品貰えるって書いてて一等だったから喜んで行ったんだけど、多分くじ全部一等当たりなんだろうな。
  しょぼいのしかないの」
幼「あはは」
俺「店頭で交換って書いてあるのに店頭に誰もいないし、店員に聞きにくいし」
幼「でも聞けたんだ?」
俺「いや、くじ持って無言で立ってただけだぜ」
幼「こわいよ!」
俺「そんで、何種類かあったんだけどまあこれで良いかと。
  みおもいつ妊娠するか分からないし」
幼「関係ないだろ妊娠は」
俺「だって妊娠したらみおも大変だし、カップラーメンの世話になりそうじゃん」
幼「私がつわりで調子悪くてご飯作れない時とか?」
俺「いや、カップラーメンをオナホールにしてさ。
  これなら麺がこぼれないし良いかなと思って」
幼「そっちか」

 ◇

俺「これ持つとこ付いてるでしょ?
  だからみおに持ってもらって『カップヌードルでイッちゃうなんて変態じゃないの?』みたいなこと言ってもらって」
幼「私が手伝うんじゃ意味ないだろ。手でやれば良いじゃん」
俺「カップヌードルで言葉責めされたいんだよ。
  カップヌードルならではのがあるじゃん。『食べるものでこんなことして恥ずかしくないの?』みたいな」
幼「変態」
俺「そんな感じ」
幼「あなたって、本当に最低の屑だわ!」
俺「おお……もっと」
幼「やだ」
俺「じゃあ俺の攻撃パートに移って良い?」
幼「ダメ」
俺「今日は嫌?」
幼「嫌じゃないけど」
俺「良い?」
幼「あ、こら……。
  もう……」

 ◇

[事後]

幼「……子供生まれたら、和君夜相手してくれなくなったりしてね」
俺「ああ、忙しくなるだろね。想像出来ないけど」
幼「そうじゃなくて、赤ちゃん生まれてくる時にさ……ほら」
俺「何?」
幼「ひ、拡がっちゃうから……」
俺「……ふふふ」
幼「な、何よ気持ち悪い」
俺「みおってエッチなこと全然知らずにきたんだなと思ってね、かわいくて」
幼「えー?」
俺「あのね、子供生むと締まりが悪くなるなんてただの父親の先入観なんだよ。
  むしろ前より気持ち良くなることだって多い。
  昔、エロいアンケした時に遊び人は大抵『一人生んだくらいの女が一番具合が良い』って答えたらしいよ。
  昔の日本でさえそうな上、今は産後の過ごし方とかがちゃんと効果が裏付けされてるのばかりなわけで。
  そういうの充実してる現代でそんな分かるほどゆるくなる人なんてあんまいないでしょ。
  そんなこと妻に言う男は、風俗行ってプロに慣れて物足りなくなってるだけとかがほとんどだよ」
幼「へー……」

 ◇

俺「ようするに『子供生んだからゆるくなってんだろうな』って決めつけだろうね。さっきも言ったけど先入観だよ。
  客観的には気持ち良いはずなのに、夫だけはイマイチに感じちゃうわけだ。」
幼「じゃあさじゃあさ、運動したら今より良くなるかも?」
俺「だろうね。自然に元に戻ろうとする上に体も引き締めるんだから。
  やっぱり妻としては夫が気持ち良いか不安みたいで、産後の膣体操みたいのもあるわけだし」
幼「よーし」
俺「何が『よーし』なんだ」
幼「引き締めてメロメロにしちゃうぞー、の『よーし』」
俺「おいおい、今より気持ち良くなったらすぐにイッちゃうよ」
幼「すぐにイッて謝ってる和君かわいいから平気」
俺「それ気まずいだろ俺」
幼「あははっ」
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。