日常編24


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

[09/06/22書き込み]

エロい場面書いてるとやはり勃起はしてしまう。
我慢出来ないのでみおが起きたらお願いして太ももを借りる。

幼「ん……」
俺「起きた?」
幼「お前寝てないのか?」
俺「寝たよ」
幼「この手は何?」
俺「太もも貸して」
幼「もう、また無駄に出すの?」
俺「お願い」
幼「夜は奴隷ね」
俺「うん。はあはあ、みお大好き」

 ◇

幼「ねえ、汚れちゃうから中に出しちゃえば?」
俺「みおの中は大丈夫なの?」
幼「……大丈夫」
俺「みおっ」

手荒に下着を脱がして挿入する。

幼「んっ、和君……」
俺「みお……」

 ◇

俺「あのさ、入れたばかりで悪いんだけど……今すぐにでも出ちゃいそうなんだ」
幼「大丈夫、遠慮しないですぐにイッちゃって」
俺「うん……みお、ごめんな」
幼「謝るな」
俺「イクよ、中に出すよみお……」
幼「たくさん出してすっきりして」
俺「イクよ、みおの中に赤ちゃん出すよ……くあっ、みお、みおっ!」

 ◇

俺「起きたばっかりなのにごめんね、我慢出来なくて」
幼「妊娠したら許す」
俺「妊娠しなかったらどうなるの?」
幼「んー、とりあえずわがままを言う」
俺「そりゃ大変だ」
幼「私のわがままが聞けるんだから幸せでしょ?」
俺「幸せだね」
幼「よしよし」
俺「大好き」
幼「和君の甘えんぼ」
俺「だって、中に入れさせてくれると思わなかったから嬉しくて。気持ち良かった」
幼「今日のことを忘れず、一生尽くすのよ?」
俺「うん、ずっといっしょにいるよ」
幼「ちゅっ」
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。