お嬢様編E


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

[09/06/22書き込み]

嬢「でも、男の人ってそういうの仕方ないんでしょ?」

女性は、オナニーを見付けると仕方ない派と罵り派に別れるが、敬子は仕方ない派だ。
ちなみに俺の母親は仕方ない派でヨーダの母親は罵り派だ。
……こんな情報要らないか。

俺「だけどお兄ちゃんは放置してないべ。初めて精液見たんだろ?」
嬢「和はいつもほったらかしなの?」
俺「なわけあるか、くっついちゃうだろ。
  敬子が気持ち良すぎてうとうとしちゃったんだよ」
嬢「えっち」
俺「だって立ち読みしてた時から太ももとか気になっててさ」
嬢「ええー」
俺「あの時のスカートかわいかったな」
嬢「スカートの方が好き?」
俺「スカート大好き」
嬢「そうなんだ。今日スケートだったからズボンにしちゃった」
俺「次から毎回スカートで頼みます」
嬢「スカートで和の家に行くのってちょっと危なくない?」
俺「護身術あるから平気だろ」
嬢「和って痛いのに弱そうだもんね」
俺「俺、痛いの嫌いだから絶対に護身術使わないで」
嬢「護身出来ないじゃん」
俺「大丈夫だからおいで。何もしないから」
嬢「何もしない?」
俺「うん」
嬢「じゃあ行く」

しかし何かするのであった。

 ◇

[後日]

嬢「おじゃまします」
俺「誰もいないって」
嬢「そうだけどさ」
俺「ほら、おいで」
嬢「え、なんでいきなりベッドなの?」
俺「良いじゃん、何もしないよ」
嬢「この前、キスマーク付けられたんだけど」
俺「まあまあ。動くと危ないよ」
嬢「机を揺らすなあ!」
俺「俺にしがみつくと良いよ」
嬢「しがみついたらベッドに上がる気だもん」
俺「そりゃあね」
嬢「それで、上がったら満足するまで下に連れてってくれないんだ」
俺「すぐに満足するから大丈夫」
嬢「何かする気だー」
俺「よしよし、頭ぶつけないよう気を付けてね」
嬢「きゃあ」

ドサッ

 ◇

嬢「和、えっち……」
俺「ごめんな。敬子にどうしてもベッドに来てほしくて。
  この前ベッドに敬子の匂いが残って、すごく幸せだったんだよ」
嬢「匂いって何の匂い?」
俺「だから敬子の」
嬢「和って犬?」
俺「女の子は良い匂いがするんだよ」
嬢「変態?」
俺「違うよ普通だよ」
嬢「いつもオナニーしてんでしょ?」
俺「まあそれはしますけど」
嬢「最後いつしたの?」
俺「昨日の夜、しなかったんだよ。
  敬子に見てもらいながらしようかと思って」
嬢「ええー!?」
俺「だめ?」
嬢「本気?」
俺「本気本気。我慢と準備してたんだから」
嬢「我慢も準備もしなくて良いよそんなの」
俺「はあー、汗かいた。脱いで良い?」
嬢「だめだめ!」
俺「暑い暑い」
嬢「下着は脱がなくて良いでしょ!?」

 ◇

俺「ふう……気にしないでね」
嬢「気にするよー、大きくなってるし」
俺「それは仕方ない」
嬢「なんで大きくなってるの?」
俺「そりゃ、好きな人がそばにいんだからさ。かたくなって中に入れるように準備をするわけだよ」
嬢「この子、中に入りたいの?」
俺「そうだよ。ほら、先から透明なの出てるでしょ?」
嬢「うん」
俺「敬子の中に入れても痛くないようにヌルヌルさせるためなんだよ」
嬢「ヌルヌルしてたって痛いよこんなの……」
俺「大丈夫だって、オナニーは気持ち良いでしょ?」
嬢「私オナニーなんてしたことないから分からないよ……」
俺「なんでしたことないの?」
嬢「だって……」
俺「オナニーを知ってるってことはやり方も分かるんだよね?」
嬢「多分……」
俺「どうしてしないの?」
嬢「和は、どうしてするの?」
俺「敬子のこと考えながらオナニーすると気持ち良いから」
嬢「和、私のこと考えながらするの?」
俺「付き合ってるんだから妄想するぐらい良いでしょ」
嬢「そんなに気持ち良いの?」
俺「最高だよ。敬子もしてみなよ」
嬢「よくわかんない……」
俺「興味あるなら教えるよ?」
嬢「うーん……」
俺「オッケー」
嬢「何も言ってないよ」
俺「興味ない人あんまりいないさ」

 ◇

俺「お待たせ。これが準備してたやつ」
嬢「何それ」

オナホールである。

俺「この穴見れば分かる」
嬢「指入れるの?」
俺「違うよ、これは女の子の中の代わりなんだよ。
  こう持ってこう……」
嬢「えっ、こんな小さな穴に入るの?」
俺「入るよ。敬子の中も小さな穴じゃん」
嬢「み、見たことないでしょ!?」
俺「まあ見たことはないけどさ。まだ誰にも拡げられてないでしょ?」
嬢「うん……」
俺「これを敬子の中だと思って敬子の顔を見ながらしてみたいんだ」
嬢「何それ、恥ずかしい……」
俺「敬子が嫌なら止めるけど」
嬢「嫌じゃないよ」
俺「嬉しい?」
嬢「そ、それ触ってみても良い?」
俺「話を変えたな」

 ◇

嬢「入らないよ絶対……」

穴をほじほじしながら不思議そうにオナホールを見つめる。何だかエロい光景だ。

俺「女の子も体液が出て濡れないと入らないからね。オナホールの場合はローションで」
嬢「これかけるんだ?」
俺「敬子、やってくれる?」
嬢「分かった」

トロトロ……

俺「ああ、敬子の中がヌルヌルだ……」
嬢「恥ずかしいこと言うな!」
俺「ふふ、敬子もオナニー覚えたらこういうふうになっちゃうんだよ」
嬢「こんなのならないよ……はい、ごゆっくりどうぞ」
俺「そのまま持っててよ」
嬢「恥ずかしい」
俺「俺のが敬子の中に入る所、ちゃんと見て」
嬢「えっちなことばっかり言う……」
俺「ほら、入れるよ」
嬢「うん」
俺「あ……」
嬢「うわ……」
俺「はあ、すごいよ敬子……」
嬢「ほんとに入った……」
俺「ね?
  敬子も濡れまくってれば入るんだよ」
嬢「うん……」
俺「敬子、動かしてみて」
嬢「え……えっと……」
俺「違う、こうだよ」
嬢「こうか」
俺「うん、気持ち良い。
  それで、俺の方見て」
嬢「ん?」
俺「敬子の中、すごく気持ち良いよ」
嬢「うう……変態だ……」
俺「はあ、やばっ……敬子の目かわいいよ、ゾクゾクする。
  そのまま続けて」
嬢「にらんでるんだけど」
俺「にらまれると興奮しちゃうよ」
嬢「ダメだこの子」

 ◇

俺「もうイキそう……」
嬢「うん」
俺「ここでお願いです」
嬢「私にまだ何かさせる気?」
俺「もう少し近くに寄って上のボタン一つ取ってスカート少し捲って、
  俺の乳首なでながら『和のおちんちん気持ち良い』って言ってほしい」
嬢「やだよ!
  予想よりはるかに注文が多いんですけど!」
俺「敬子……お願い、もうイッちゃうから」
嬢「うー……こう?」

服の露出度を上げながら、涙目で俺を見つめる。

俺「うん……すごくかわいいよ。もうちょっと近くにおいで」
嬢「んしょ……」
俺「はあはあ、乳首も……ああ、気持ち良いよ……。
  あと一つもお願い」
嬢「……和の、和の……」
俺「そう、良いよ……」

敬子のふくらはぎをなでながらスカートをさらに捲り、パンツを見えるようにする。

嬢「……和のおちんちん……気持ち良いの……」
俺「はあ、出る……中に出すよ……敬子の中に……ああ、うああ!」
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。