山茶花と歯みがき編


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

[09/06/07書き込み]

俺「落ち着いた?」
幼「うん……」
俺「それって、その一回だけなんでしょ?」
幼「一回だけ」
俺「じゃあ、悪意はないとみなすよ。何度も繰り返してたら確実に妊娠目当てだけどな」
幼「許してくれる?」
俺「スポイトベビーの話をした時にひどいって言ってたんだから、
  相手の意見を無視して妊娠しようとするのが怒られるようなことだってのは分かってるんだろ?」
幼「うん……」
俺「みおがもしどうしても子供がほしかったらこそこそ精液かすめとったりしないで相談してくれたよな?」
幼「ん……それはもちろん。
  それに、和君と喧嘩してまで妊娠したくないよ」
俺「うん、そうだよな。
  ……今十分反省してるよな?」
幼「反省してます」
俺「じゃあぐだぐだ叱らない。
  いつもお互いに言ってるけど、反省したんだから同じようなことを繰り返さないことだね。
  それだけ約束出来るな?」
幼「うん……和君優しい……」
俺「その代わり、しばらくはスパルタだぞ」
幼「和君スパルタなんて出来るの?」
俺「出来る出来る。電話中も容赦なく責める」
幼「そういう意味のスパルタかよ」

 ◇

俺「そういや、さっき電話出なかったね。出ると話してる時にいじめられると思った?」
幼「いや、メールだし」
俺「電話の音だったじゃん」
幼「メールに変えた」
俺「みおってそういうの結構頻繁にいじるよね。設定とかも細かいし」

こういう所は女の子らしいと思う。
フォルダとかグループ分けとかちゃんとやっている。
俺のエロ画像もタグとか付けて整理してほしいものだ。

幼「あ、チヒロちゃんだ」
俺「チヒロちゃんなんて?」
幼「和さんの大嘘つきー、でパンチの顔文字」
俺「いてっ、本当に殴るなよ。
  でも実行しちゃったんだね」
幼「そうみたい。ってよりお前がけしかけたんだろ。
  他人事みたいに言うなよ」
俺「どうなったんだろ、聞いてみてよ」
幼「モチ送った」
俺「別に喧嘩になったりはしないと思うんだよね」
幼「カツミ君がごめんごめんて平謝りする感じだよね」
俺「チヒロがかわいすぎるから出ちゃったんだとか言ってね」
幼「言いそう」
俺「お前の足がきれいでつい、みたいな」
幼「それは和君でしょ」

 ◇

俺「それにしても、ゲップが分からないなんてあんまりいないよな。
  お笑い番組でもよく俺のバットとか言ってるし。
  処女だった頃のみおでも分かるでしょ?」
幼「元ネタが分からなくても雰囲気で下ネタだとは分かることが多いからね」
俺「そもそも刺激を与えられたら射精するってことは学校で学ぶだろ」
幼「いや、足コキが気持ち良いとは思わないでしょ」
俺「ああ……そういえばタマも足コキしたことないって言ってたもんな。
  まさか足でイク人なんているわけないし下ネタじゃないよねって感じなのかな」
幼「そうじゃない?
  私、お前が初めてイッた時私の太ももだったでしょ?
  あっさりイッちゃうしびっくりしたもん」
俺「あの時は興奮したなあ。
  散々いじめられてからの逆襲は気持ち良い」
幼「こいつ変態だと思ったもん、あれには」
俺「あれにはとか言うな」」

 ◇

俺「太ももや足コキって女からするとマニアックなのかな。
  タマともなんかの時に話題になったんだけど、知ってはいたけど【あんなの実際は気持ち良くないだろ】みたいな感じでさ」
幼「足で喜ぶのはお前みたいな変態だけだろ」
俺「ふふ、シャワーで喜ぶのも変態だと思うんだけど」
幼「いやあ、それはさ……和君が教えるから悪いんだよ」
俺「俺のせい?」
幼「相手が和君だからだよ」
俺「嬉しいこと言ってくれるね。まあ結婚して責任取るんだから良いだろ」
幼「三回は責任取ってくれないとワリに合わない」
俺「今日、二回目のプロポーズしたから残り一回だな」
幼「うん」
俺「あれ?
  子供の時に結婚の約束してんだからもう三回じゃね?」
幼「じゃあ増やす。百一回プロポーズしてもらう」
俺「ドラマじゃないんだから」

 ◇

俺「明日はシャワーでたくさんいじめてあげるからね」
幼「うう……」
俺「あの時のシャワー攻撃がそんなに気に入ってるとは思わなかったな」
幼「だって……気持ち良いんだもん……」
俺「まあ女の子のオナニーの定番の一つだからね。
  それからシャワーオナニーとかしたの?」
幼「ん……した」
俺「じゃあ明日はシャワーオナニー見せてよ」
幼「えっち……」
俺「お互い様でしょ?
  みお、もうパンツ濡れてるでしょ」
幼「濡れてないよ」
俺「じゃあ見せてみ」
幼「むう……濡れてますよ。どうせ私はえっちですよ」
俺「もう一回する?」
幼「良いよ……やり過ぎだよ絶対」
俺「じゃあ明日しよ」
幼「うん」

 ◇

俺「でも、やりたいプレイがたまって大変だ」
幼「何やりたいの?」
俺「明日はとりあえずシャワーオナニー鑑賞かアナルバイブだろ。
  そんでこの前縄の縛り方のDVD持ってきたから縛るだろ」
幼「なんてもん持ってきてんのよ」
俺「大丈夫、初心者向けに痛くない服の上から縛る手順も載ってるから。
  息が苦しくなったり肌が痛くなったりはしないと思うよ」
幼「縛ってどうするの?」
俺「みおが良ければイラマチオがしたいんだけど、苦しいしこわいから強制はしないよ」
幼「イラマチオって何?」
俺「無理矢理するフェラチオみたいな感じで、男に頭掴まれて乱暴に動かされたり奥まで入れられたり。
  ちょうど服の上から縛られながらだとこんな感じ」

制服イラマチオの宮路奈々のを見せる。

 ◇

幼「これ、苦しいよね絶対」
俺「奥まで入れてるから反射で吐くしな」
幼「奥まで入れると気持ち良いの?」
俺「いや、気持ち良いとかどうのより……吐かせたいんだよね」
幼「変態!」
俺「いや、違うんだ聞いてくれ」
幼「何よ」
俺「俺、この前お前の父親にサラダ食べさせられて吐きまくったじゃん。
  その時さ、みおが応援したり喜んでくれたりするならこんなに苦しい思いをしても全然平気だって思ってさ。
  で、吐きながら思ったんだよね。だったら、もしかして人によってはイラマチオって案外平気なんじゃないかって」
幼「平気なわけないだろ!
  ものすごい苦しそうじゃんよ」
俺「分かってる、それは分かってる。
  たしかに絶対苦しい。苦しいだろうけど、好きな人のためなら結構我慢出来そうってかさ。
  いや、イラマチオなんて即振られても当たり前なレベルのことなのは分かるんだけどさ、なんつーの?
  極度のマゾは結構我慢出来ると思うんだよね」
幼「なるほど、私が極度のマゾだと言いたいわけ?」
俺「いや、いや、あの……違くて……」
幼「違くて?」

 ◇

俺「わ、分かち合いたいみたいな感じ?
  みおが俺のために苦しいの我慢して、吐いてくれてる所も見たいな……って思ったんだよ。
  忘れて忘れて。みおが嫌なら絶対しないから」
幼「ちゃんと説明してよ」
俺「だからさ、えーと……一人で吐くのってすごく辛いじゃん。
  だけどあの時は吐く度にみおが心配してくれて、背中なでてくれて、結局食べられなかったけど頑張ったって言ってくれて。
  だもんで吐くのもあんまり辛くなかったんだよ。
  みおは、あの時どうだった。嬉しかった?」
幼「嬉しかった」
俺「なんで嬉しかった?」
幼「や……ここまでしてくれるんだって」
俺「そうそれ。そっち側も体験してみたいって思って。
  だからあの時に目覚めたのかもしれない。イラマチオ自体は知ってたけど、縛ってイラマチオしたいって強く思ったのはそれから」
幼「変なものに目覚めるなよ……」

 ◇

俺「吐く時がなんか、きたきたみたいな感じでちょっと嬉しいんだぜ」
幼「最近、和君に追いついちゃってる感じがしたけど全然大丈夫だわ。
  和君は変態としてまだ先にいるわ」
俺「失礼な」
幼「あ、チヒロちゃんから返事きた」
俺「お」
幼「あはは、変なの出されちゃったじゃないですかって」
俺「初めてのぎこちない足コキで出るとはあの男マゾだな」
幼「恥ずかしいって」
俺「まだいっしょにいるの?」
幼「いないでしょさすがに」
俺「この時間だもんな。しかし純情だな。感じてるのぐらい分かるだろ普通」
幼「最後までって頼まれたんだって」
俺「変なとこ積極的だな」
幼「和君といっしょだね」

 ◇

俺「あの二人、俺らと少しだけ似てるよな」
幼「ほっとけないよね」
俺「なんかね」
幼「……」
俺「カミングアウトしてドン引きされちゃったし俺は歯みがきして寝るかな」
幼「おやすみ」
俺「ふんだ」
幼「ふんだとかキモい」
俺「俺、歯みがきでオエってなるから嫌いですぐ終わらすんだけど知ってる?」

歯みがき粉なしだとそうでもないんだが歯みがき粉がダメだ。きつい。特にからいのは苦しい。
だもんで、昔から歯みがき粉選びには苦労している。
以前、メロンソーダやかき氷のメロンが好きな俺を見てメロン味系全般が好きなのかと元カノがちょっと勘違いして子供用のメロン味の歯みがき粉を買ってくれたことがあった。
それがなかなか良かったのでそれからは開き直って子供向けのをよく使っている。

幼「よくオエって聞こえてくるね」
俺「みおが応援してくれたら苦しくても歯みがきをちゃんと出来るかもしれないと思ったんだがどうだろ」
幼「お前が新たな性癖に目覚めたら困るから良いわ」
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。