足コキ編3


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

幼なじみの両足が俺の手を蹴飛ばし、俺の股間に伸びる。

俺「どうしました?」
幼「いや、疑うなんて悪いことしたからな。
  この前お前んちで、女の子が足でさすってあげてるのあったろ。私もしてあげようかと」
俺「大丈夫ですよ」
幼「まだかゆいか?」
俺「かゆくないんでもう止めて」
幼「そうか、かゆいか」
俺「かゆくないって」
幼「んー、なんか大きくなってないか?」
俺「そんなはずありませんよ、気のせいですよ」
幼「そうだよな、お前がうそつくわけないもんな。大きくなるはずないよな」
俺「そうですよ」
幼「信じてるからな」
俺「はは…」
幼「小さいのを見て早く安心したいから電気付けて良いか?」
俺「いや、もう少し省エネしましょう」
幼「付けるよー」パチ


幼「どうしたの、これ。まさか足で大きくなっちゃったの?」

椅子に座って足でつんつんしながら、俺の股間を見つめる。

俺「お前が信じてくれたのが嬉しくて、一瞬で大きくなっちゃった」

…ちなみにまだ俺は正座だ。

幼「うそつけ変態」

再びぐりぐりと足で攻撃してくる。椅子に座ってるとやりやすいのか、さっきより気持ちが良い。

 ◇

俺「足痛い。正座限界」
幼「反省してる?」
俺「してるよ」
幼「じゃあ良いよ」
俺「ふう…いたた」
幼「痛かった?」
俺「いや、俺の足。お前の足は気持ち良いよ」
幼「変態」
俺「もう嘘つかない」
幼「そこは否定するとこだろ」
俺「もう泣かせたくないから誤魔化さない」キリッ
幼「性癖はあまり正直に言わないでほしいわ」
俺「覚えておく」
幼「これ、足だけで出ちゃうの?」
俺「俺ぐらいのレベルならいけると思う」
幼「お前変態レベル上げすぎ」
俺「それほどでも」

 ◇

幼「足疲れてきた。止めて良い?」
俺「もうちょっと」
幼「えー」
俺「じゃあパンツ見せてくれたら合わせ技で大丈夫」
幼「お前の頭は大丈夫じゃないけどな」
俺「だってやっぱり足でされるならせっかくだからパンツ見たい」
幼「よくわからんがストレートにも程がある」
俺「見たい」
幼「やめろ、パンツごと脱げる。分かったから」
俺「このパンツ俺に見せるために買ったの?」
幼「聞くなバカ。あまり見るなバカ」
俺「…」
幼「…」
俺「はあ…幸せだー…」
幼「幸せなのはお前の頭だ変態」

 ◇

俺「出そう…」
幼「本当に足だけで出るの?」
俺「足を舐めると痛い目に合うぞ、色んな意味で」
幼「色んな意味でひどいよお前は」
俺「あ…もう…出る…」
幼「いいよ…」
俺「う…く…っ」
幼「きゃ…!」
俺「はあ…」
幼「出た…ね」
俺「うん」
幼「気持ち良かった?」
俺「うん」
幼「そっかぁ…」
俺「どうした?」
幼「ううん…ちょっとどきどきしちゃった」
俺「お前変態ジャマイカ」
幼「ぶん殴るぞ」

以下、手コキ編へ続く。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。