飲尿編02


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

イッたばかりで腕の力が入らないようで、幼なじみはお風呂の縁にしがみついてお尻を突き上げた格好になっている。

俺「手に力が入らないの?
  これじゃ続きしにくいから……抱きしめてあげる」
幼「ふあっ、はあ……んんっ、ばかぁ……」

向き合ってもう一度挿入すると、クタクタの幼なじみが体重を俺の体に寄せる。

俺「イッた後にみおが俺の体にのしかかってくれるの、すごく好きだ。
  こんなに無防備に体を預けて信頼してくれてるんだ、俺の女なんだって感じる」
幼「ごめんね……重たいでしょ」
俺「ううん、かわいいよ」
幼「和君、キスして……」
俺「みおのおしっこの味がするけど良い?」
幼「つーか洗えよ、汚いな」

ザバッ

俺「何すんだよもったいない」
幼「変態」

 ◇

俺「そんなに早くキスしたかった?」
幼「うん」
俺「じゃあ許そう」
幼「ちゅ……」
俺「……」
幼「……ん」
俺「……ふう。お風呂がもっと広かったらおしっこプレイもマットプレイも出来るのにね」
幼「何で飲んじゃうのよ……」
俺「ダメだった?
  みおのイク時の反応がかわい過ぎてつい飲んじゃった」
幼「関係ないだろ」
俺「ごめんね。今度俺のも飲んで良いから」
幼「いらんわ!」
俺「え、飲みたくない?」
幼「飲みたいわけないだろ」
俺「じゃあ胸にかけさせて」
幼「変態!」
俺「嫌?」
幼「当たり前でしょ!」
俺「……そうだよね」
幼「あ、いや……和君がどうしてもって言うなら一回かけても良いよ」
俺「みお大好き」
幼「一回だけだよ!?」
俺「服の上からかけて良い?」
幼「バカか」
俺「じゃあパンツしたままおしっこしてよ」
幼「死ね」

 ◇

俺「みお、そろそろ動いても大丈夫だよね?」
幼「ひゃんっ」
俺「みおの中、イッたばかりなのに絡み付いてくる」
幼「はあ、はあ……」
俺「こんないやらしい体なんだから一人エッチしちゃうのも当たり前だね」
幼「やあ……」
俺「一人エッチと俺とするの、どっちの方が好き?」
幼「和君と、和君との方が好き」
俺「本当かな……さっき見てた時、すごく気持ち良さそうだったけどな」
幼「あれは、和君が見てたから……」
俺「ふーん、俺にオナニー見られて興奮しちゃったんだ?」
幼「だって、和君が恥ずかしいこと言うから」
俺「オナニー見られながら恥ずかしいこと言われて興奮しちゃったんだね、変態だから」
幼「違うよ……」
俺「違わないよ。みおは自分が犯される想像してオナニーしちゃう悪い子だろ?」
幼「うう……違うもん」

 ◇

俺「じゃあ、中出しのお仕置きはほしくないのかな?」
幼「やあ、ほしい……」
俺「中に出してほしいの?」
幼「うん、出して……」
俺「だったら、一人でいやらしいことしてごめんなさいってお仕置き頼めるね?」
幼「和君、一人でえっちなことしてごめんなさい……中にお仕置きして下さい」
俺「何がほしいの?」
幼「和君の精液、中にたくさん下さい」
俺「みおは素直だね……こんな素直な子にはお仕置きはいらないかな」
幼「やだあ、お仕置きして……」
俺「ダメだよ」
幼「どうして?」
俺「ふふ……良い子のみおにはお仕置きなんてしてあげないよ」
幼「私、悪い子だからお仕置きして……」
俺「そっか。お仕置きじゃなくてご褒美あげようかと思ったんだけど、そんなにお仕置きが良いならお仕置きにしようかな」
幼「はあはあ……ご褒美って……?」
俺「なんでも良いけど……
  これから赤ちゃん出来るまでオナニーしないで全部みおの中に出す、なんてどう?」
幼「そのご褒美ほしい……」
俺「みおが良い子にするならあげるよ」
幼「良い子にするっ、ちょうだい……」

 ◇

俺「ふふっ、かわいいなお前は」
幼「なんだよう……」
俺「みおがいやらしいことばっかり言うからもう出ちゃいそうだよ」
幼「いじめっこが言わせたんじゃん」
俺「みおをいじめるの大好き」
幼「変態」
俺「いじめられるの嫌いならしないけど」
幼「嫌いじゃないよ」
俺「正直に好きって言いなよ。良い子になるって約束したでしょ」
幼「うう……和君にいじめられるの好きだよ……」
俺「すごいゾクゾクする」
幼「もうやだ、恥ずかしい……はあ、暑い……」
俺「中に出すよ」
幼「うん」
俺「出るよ、みお……みおっ!」
幼「きゃあんっ!」

 ◇

[事後]

幼「……ねえ」
俺「ん?」
幼「全部私の中にくれるって言ったけどさ……」
俺「うん」
幼「えと……たまには……」
俺「……」
幼「和君がピューピュー出してるところ、すごく好きだから……」

ピューピューって程は出ないだろ。

俺「たまには中出し以外もしたいってこと?」
幼「うん……だめ?」
俺「だめなわけないだろ。みおのほしいところに出すよ」
幼「えへへ」
俺「やっぱり悪い子だなあ」
幼「和君がこういう風にしたんじゃん。責任取ってよ?」
俺「責任取るって?」
幼「お嫁に貰って」
俺「タダでくれるなら貰っておこうかな」
幼「高いよ」
俺「高いなら要らね。遊んでからクーリングオフするわ。イテッ」
幼「返品出来ません」

 ◇

俺「じゃあ元は取らないとな。全クリしてやる」
幼「飽きても捨てないでね」
俺「飽きるもんか。何回だってクリアしてやる」
幼「ふふっ、クリアするの難しいよ?」
俺「良いんだよ。このゲーム気に入ったんだ」
幼「タマさんはダメだったの?」
俺「あれは高いだけの地雷ゲーっぽかったから回避した」
幼「私は何ゲー?」
俺「おままごとかな。
  なんかみおと結婚するって不思議ってゆーか、昔みたいに夫婦のおままごとしてるみたい」
幼「おままごとしたね」
俺「大人のおままごとしてる感じ」
幼「なんかエッチな響きになっちゃった」
俺「今日は寝るまで昔みたいにおままごとしようか」
幼「どんなか覚えてないよ」
俺「お前が『ダーリン、いっしょに寝よっ』とか『ダーリン、キスして』とか言ってそれに俺が従うだけだったよほとんど」
幼「そういえば、ダーリンとか言ってたな……和君つまらなそうだったよね」
俺「今は性的なおままごと大好き」
幼「ただのイメプレじゃないか」
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。