日常編23


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

[09/05/10書き込み]

♪子供の頃に見た 大きな父の……

母「鳴ってるよ?」

聞こえるわ。お前より耳は良い。

母「出ないの?」

出る気ならもう出とるわ。

母「みおちゃんじゃないの?」

だから出ないんだよ。お前の前で出ると恥ずかしいから。

母「あー出ないから切れちゃったじゃない」

あーうるさい。女はなんでこんなにうるさいんだ。

母「それより聞いてよ。新しく出来たそこのコンビニ、マルボロが置いてないのよ」

その話はもう二回聞いたよ……。

母「だから仕方ないからラークを買うんだけどまずくてさ」

みおも放っておくと一時間でも二時間でも喋りやがる。

 ◇

♪魂のルフラン

母「電話だわ」

言わなくても分かるわ。

母「もしもし、もしも……あーみおちゃん?」

画面見たんだから相手は分かってるだろうが。

母「和君いるよ。起きてる起きてる」

お前まで和君言うな。

母「そうそう、無視して……舌打ちして。あはは」

舌打ちまではしてないだろ。

母「どうせ恥ずかしいのよお、子供だから」

うっせー。

母「子供子供。母親からすりゃいくつになっても子供。図体ばっかりでかく……うんうん」

はあ……。

 ◇

母「そう……母の日だって言うのにね」

母の日!?

母「そうなの。みおちゃんのお母さんと話してたのよ。みおちゃんは優しいわねって。ウチの子は一回もくれたこと……」

みおは何かあげたのか……。

母「帰ってもずっとゲームやって腹減ったーしか言わない」

そういや腹減ったな。

母「だめだめ、洗い物なんて絶対しないわよ……」

しないなあ。

母「それはみおちゃんだからよ。私が言ってもやらないわよ」

まあそうだな。

母「母親は恋人には絶対に勝てないんだから」

ふむ。

母「よく見えないから針に糸を通してって頼んでもうるせーなって」

うるさいんだよな。

母「ゴミなんて捨てたら明日雨でも降るかと思っちゃうわよ」

みお、何か用事があって俺に電話したんじゃないのか……?

 ◇

母「それはみおちゃんが変えたのよ」

今度は何の話だ。

母「親が十年言っても直らない癖だって、好きな人が一度言えば直るもんなんだから」

何かの引用だろうか。

母「全部あなたのおかげよ?」

みおをあまり誉めるな、調子に乗るだろ。

母「母の日だからおばあちゃんに電話したんだけどね、和坊にそんなに良い子が嫁に来てくれたかって。そんなことないわよ」

おばあちゃん元気かな……。

母「結婚式までもつかどうかみたいなこと言うから、ひ孫の顔を見てもらいたいって言ってたことにして」

勝手に何言ってやがる。

母「ほーかほーか、和坊が言うなら頑張らにゃあって泣くのよ」

おばあちゃん。

 ◇

母「いや、一時期程悪くはないんだけど、もう弱気なのよ。何かあるとすぐ癇癪起こして。この前、妹が手続きして頼んだ介護の人達も全部断っちゃったの」

おばあちゃん俺の前では優しかったけど、電話するとめちゃくちゃ言われるみたいなんだよな。

母「そう。妹も限界で。悪い人じゃないんだけど、和以外はもう皆敵に見えちゃうのよ」

おばあちゃん。

母「でも、妹がその後にね……うん。
  長生きしてひ孫が見たいなら介護を頼んだ方が体がしんどくないよって言ったらほーかほーかって神妙に聞いてるみたいなのよ」

おばあちゃん、そんなに俺の子供を楽しみにしてくれてるのか。

母「おばあちゃん和坊が大好きだから」

俺もおばあちゃんが大好きだ。

 ◇

おばあちゃん、数年前はかなり危なかったんだよな。
俺が会いに行った時は頑張れば自分だけでトイレにも行ける程度には元気だったけど、また最近悪いみたいだ。
俺が居た時は一度しか癇癪起こさなかったけど、あんなのがしょっちゅうだと構っていられないだろう。
前に話した妹の方の娘、まあつまり俺の従妹だが……従妹はかわいくないようで逆に癇癪の原因になってしまっている。
性格が合わないのもあるだろうが、従妹にも余裕がない。
従妹の父がなかなか働かず、働いても三ヶ月足らずで全て辞めてしまう。ウチの母親は金入れない旦那となんか別れろと何度も言っているようだが……。
その借金生活が理由かどうかは分からないが、エロ漫画を万引きして捕まったと言う。残念なことだ。
しかし、どうして俺が買ってあげた『ネギま!』だけじゃ我慢出来なかったのだろうか。なんにせよお仕置きする必要があるだろう。
まあそれなりに辛いのかもしれんが、DSも犬のゲームも持っていてオシャレ魔女のカードも少女漫画もあったし借金してるわりには贅沢な生活をさせてもらっている。
お菓子もたくさん買って貰えていた。俺は百円までしか買ってもらえなかったぞ。
こんな程度でグレて良い理由にはならんだろう。
というか友達も大勢いるのだから遊び道具なんてそんなに要らないはずなんだ。これだからリア充は。

 ◇

話がそれた。
おばあちゃんが俺の結婚式や子供を見たがってるという事が問題だ。
もう皆は忘れているかも知れないが、俺は幼少の頃に数年間おばあちゃんに育てられていた。
だから、俺の母親は二人なんだ。お母さんとおばあちゃんの二人なんだ。
だからおばあちゃんが変わってしまい、毎日怒っているという現状はとても辛い。
せめて一日だけでも一時間だけでも、嫌なことを全て忘れて喜んでくれたら……それはとても嬉しいことだ。
かといって覚悟も決めずに焦って子作りして子供を不幸にしてしまっては子供に申し訳ない。
中出しは気持ち良いけどこのまま中出しを続けて良いのかなあ。
生で入れた時にいっしょになれたことに感動したみおと、気持ち良さに感動した俺。
あれから、俺の愛よりみおの愛の方が深いんじゃないのかとどうしても思ってしまう。
みおのことは愛してるけど、本当に良いのかな。覚悟もしないで。
俺も従妹の父親みたいに働かなくなったらどうしよう。まあそれでも月に18万2000円は入ってくるけど。
結婚しても暴力はしないと思うが趣味とか性癖とか大丈夫かな……。

 ◇

はあ、今日は一日中みおのことがちらついて二回しかオナニー出来なかった……もう寝よう。
おや、こんな時間にメールだ。

幼【子作りしましょ(はぁと)】

 覚 悟 完 了 !
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。