※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

昨今の東京付近における植物の急激な成長は、nwに侵攻しつつある危機に対抗する植物の封印行動であることが明らかになりました。それに対し大統領府及び共和国全国は、植物の援護を開始することに決定しました。

具体的には、セイイチロー・クロサキのプラン及び助言により、倒壊、火事になりそうな木を伐採しつつ、リワマヒ国由来の繁茂技術を慎重に使用することで、伐採した木々を土に返し生命の輪に戻すことで、継続的な森林の育成管理、あるいは共存態勢を作ります。

このプランに関しては、魔法熱の際に多くの人々を救った、繁茂技術の開発元であるリワマヒ国、森林保全の専門家である森林組合の皆さんにご協力をいただいております。
今後の実行に際しても、多くの方々の助けが必要です。

共和国民の皆様のご理解、ご協力をお願いします。

大統領府 森林保全計画担当 海法紀光

r:上記の政策を元に、森のお手伝いを行います。セイイチロー・クロサキさん、森林組合、ならびに、繁茂を用いるリワマヒ国の専門家方に指示を仰ぎ、慎重に行います。

04-00080-01:海法 紀光:-10