※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

○リワマヒ国への支援金について


 先頃、大統領府では、リワマヒ国に対し、きゃりっじの買い上げを条件に、172億にゃんにゃんの支援を行いました。
 当時、リワマヒ国は、政情不安および治安の低下で、犯罪が横行しており、国内外に多数苦しむ人々が出ておりました。それに対する緊急支援となります。

 一国に多額の支援を行うことは、各国の自助努力の否定につながることであり、望ましいことではありません。
 ただ、国が本当に大きく傾いた時には、手を差しのべるのが、大統領府の役目であり、共和国の総意でもあると考えております。それは、当該国および共和国全国の共和国民を守るためでもあります。
 そしてその後、リワマヒ国は、大統領府および各国の援助や応援の元に、部品産業を中心に国内を建て直し、めざましい発展を遂げました。
 無事建て直しが行われた事は、大統領府としては嬉しい限りです。

 この際の支援金ですが、金額は各種警察施設購入用として計算されたものですが、リワマヒ国様では大統領府との合意の元に、自国の資源を使って節約しました。
 結果、28億にゃんにゃんが残ったという報告をいただいております。
 これらはリワマヒ国様の支援として送ったものであり、返還の必要はありません。リワマヒ国様の発展と安全のために使っていただいて構いません。

 困っている誰かに手を差しのべ、その誰かが立ち直るのを見るのは、我々の喜びとするところです。
 リワマヒ国様も共和国やNWの危機において、今度は援助される側、喜びを得る側となってくれることを願ってやみません。


                                                     共和国大統領府スタッフ 海法 紀光