Rest in Pieces(八つ裂き)その3


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

TFLの「八裂きで眠れ」を作ってみよう その3

今度は大丈夫。きちんとカラーで表示されています。

注:オリジナルは画像がありました
注:オリジナルは画像がありました

*ここまでで作成されるtag
collections: rip 676kb
meshes: rip 7.4Mb

地形に高低をつける
このマップ結構大きいので一から自分で高低をつけていくと大変です。PhotoShopなどで Displacement Mapデータを作るのも一苦労。そこで MythTech を使ってみましょう。Mythtechのメニューよりopenを選びます。meshファイルの在処を聞いてくるので TFLtagslocalmesh を開き3つ表示されるファイルのうち 63fx を選びます。メニューからExtract→Elevation Mapを選び書き出します。書き出されたelevationマップはMythTechのGraphics.outフォルダに保存されています。これをPhotoShopで開き、Pictファイルに保存しなおします(BMP形式でも取り込みは可能)。LothingMapsDisplacementimportを選び取り込みます。

注:オリジナルは画像がありました
注:オリジナルは画像がありました

TFLと2ではmeshのワイヤーフレーム(?)の形状と大きさが違うのでしょうか? ガクガクになってしまいます。これでも一から作るよりはましなのでスムースツールでこの角張った地形を滑らかにしていきます。また起伏を見た目のカラーマップとずれているところがあるので修正していきます。池、川はかなり深くなってしまっているのでこれも修正します。

シーナリーColection tagの作成
次にすることは草木などのシーナリーの配置、ユニットの配置です。マップを作ったことのある人ならお気づきかと思いますが、TFLで使用される草木、ユニットはMyth2にはないものもあります。八つ裂きで眠れではどうでしょうか? こんなものがMyth2にはないんじゃないかと思います(実はMyth2の全てのシーナリーを見てみたわけではありませんが(^^; )。下の画像はTFLのキャプチャーです。

注:オリジナルは画像がありました
注:オリジナルは画像がありました
注:オリジナルは画像がありました
注:オリジナルは画像がありました
注:オリジナルは画像がありました
注:オリジナルは画像がありました

これらはTFLのColection tagを流用します。TFLのscrap.gorファイルを Amber(2.0b5) で開きます。big tree、Marsh Lands Scenery、Marsh Lands Scenery 2、Marsh Lands Scenery 3 small、seven gates sceneryにそれぞれが入っています。それぞれのtagをカラーマップの時と同様に PluginExtract Selected Tag で書き出します。書き出したtagファイルを Amber(2.0b5) で開き、メニューから PluginSet Colection Info を選びます。下図右のウインドウが表示されるのでMyth II collectionのボタンを押しOKを押します。これでMyth2用のColectionファイルになります。書き出したTagで絵柄の色がおかしければウインドゥから表示項目で Hue Changes を選び色味を変えます。

注:オリジナルは画像がありました
注:オリジナルは画像がありました
注:オリジナルは画像がありました
注:オリジナルは画像がありました

ここの赤色の部分をクリックして色を選択します。緑系に変えて置けば良いと思います。これで保存すればMyth2用のColection tagの出来上がり。

*ここまでで作成されるtag
collections: 各colectiuon tag 約50kb〜約350kb
















ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。