近代戦術Myth応用編


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

1
F=mv2(電撃戦理論)
第2回QP大会のチーム名ともなった「F=mv2」(電撃戦理論)について
優勝してなかったら封印しようと思っていました(笑)

2
ウルフパック(独軍潜水艦作戦)
有名なUボートの戦法をMyth2上でも使ってみました。
一貫した作戦として試したのは1回しかありませんが、普段よく取り入れている方法かもしれません。


以下は見出しだけ発表されたものです。
3
ハンターキラー
(潜水艦撃滅作戦)
ウルフパックに対抗する為に考え出された戦術。
対抗戦術というのは単独で成立しうるのでしょうか?
4
ウシャコフ・マハン理論
(コントロール・オブ・ザ・シー)
海上を制するための理論。私が主にCAPの時に使っている戦術理論でもあります。
Capになることは少なくなってしまいましたが...
(CAPを嫌がってるという噂>笑)
5
戦争と平和
(トルストイ)
ナポレオンはロシアを制圧することはできなかった。第2次大戦でのドイツもまた然り。
圧倒的な攻撃にさらされた場合の対処。歴史は繰り返される。
6
シュリーフェン計画
vs マンシュタイン計画
第1次大戦時にとられたシュリーフェン計画と2次大戦に取られたマンシュタイン計画の違い。
作戦には改良が常に施される。
7
艦隊系統と指揮系統
指令や指揮系統には英国と米国でも違いがあります。MythでいえばCAPとメンバーの指揮関係の違いに相当します。
CAPとメンバーの関係が良いと、やはりチームは強く、そして面白くなります。
9
ノルマンディー上陸作戦
ヨーロッパ戦線でもっとも有名な作戦の一つ。上陸とは水上から陸上だけとは限らない。
相手が高台にいる場合。もしくは密集した敵を囲む場合にはどうしたらよいのか。















ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。