Myth2で取り込めるファイル形式


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

サウンドファイルの作り方

Myth2で使用できる(取り込める)ファイル形式
Myth2で取り込めるサウンドのファイル形式はAIFF形式。サンプリング形式は22.050、22.255、他未確認。サンプリングサイズ16ビット(8ビットは未確認だか可と思われる)。圧縮 4:1 IMA/ADPCM形式(16ビットでのみ圧縮が可能?)。
手持ちのサウンドエディタで音声、音楽を入力、編集後、上記のファイル形式で保存。
ゲーム内で条件を持たせて音を鳴らす、文字表示と一緒に鳴らす
Fearを起動しsoundsの項目を開きます。new tagで新規に作成し、addで追加。Importボタンをクリックしたら保存したファイルを開きます。スピーカーの絵柄で確認したらOK。projectile tagに指定するもよし、monster tagで指定するもよし。
サウンドのtagにはシナリオプレー時の会話同様に画面左下に文字を表示させることも可能です。設定はSubtitle String Listでstring lists内に作成したtagを指定、さらにSubtitle Stringという項目がでてくるので、string list tag内の項目(1段落=1項目になる)を指定。

以下はLoatingのAction Listを書き出したもの。


TFLのサウンドファイルの流用方
The Fallen Soundsを使用しscrap.gorなどに含まれるsoundを開き、書き出します。メニューよりExtract soundではThe Fallen Soundsのファイル形式なっているのでExport variationを選択するとAIFF形式で保存が可能。これを加工が必要であれば加工し上記の方法でMyth2に取り込めばおっけ〜。

Myth2のサウンドファイルの流用方
ううぐ、これ分からんのです。どっかにツールあるのかな。手っ取り早いのはサウンド出力からそのままサウンド入力に線をつなぎ(市販の物)サウンドエディタで録音しつつ、Fearで再生・・・・これでも結構イケます(笑 Tag Extractorを使用してtagフォルダ内のファイルを開けばsoundタグファイルだけは書き出せます。















ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。