※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 カンパニー制では、パラメーターの管理を一括して行えるようにしたい。
 戦闘データは、戦術指揮官が管理。
 運用データは、社長が管理、トカ。

 最近のシステムのリプレイで、主に矢野さんが、パーティー全体の余力を計算し、最も効率の良い戦術を組み立てたりしているのを見て、
 それならば、そもそも戦術指揮役がパーティーの戦力を一括管理できるシートを用意したらどうか、と考えてみた。

 キャラクターシートが、PCの手元に各PCのパラメータを記入したものが一枚。
 それぞれの役割を負ったPLの手元に、各キャラシーの、関連パラメーターを書き写したシートが一枚ある、というイメージ。
 むしろ各PCの手元にはレコードシートのみがあって、PCのパラメーター本体は、分割して各役割分担されたPCが管理しているくらいで良いようにも思える。

 奇抜すぎるかなぁ?

 もうひとつイメージをあげると、
 カンパニー自体がひとつのキャラクターで、それぞれのPCは、カンパニーの各能力値を代表している、という感覚。

 これを行うと、キャラの役割が被ることが許されなくなり、主に戦闘で、主戦力の数が足りなくなる、という問題も発生するのだけれど。
 規模の大きいカンパニーなら、PCまるごと戦闘部門配置、とかでカバーできるが、PCの数=従業員数のようなカンパニーの場合は、どうしても掛け持ちが必要となる。
 所謂「部門」を設けて、その長と、補佐人員を配置(重複可。ただし負担大)という形にするか。

 カンパニーが管理するパラメーターは、キャラクターの能力値の構成要素を強化する効果を発揮する、という案を考えてみた。
 PCを構成するそれぞれの能力値1レベル辺りの効果が、カンパニーが運用するそれぞれの資産の価値によって影響を受ける、という考え方。

 たとえば、ソルジャー技能の基本値は、軍事部門レベルAの組織であれば、1レベル辺り3。PC「A」は、ソルジャー技能レベル4なので、効果値は3*4=12となる。という具合。(実際には、資産による影響は、整数では無く、特典程度に留めたい。結局「能力値+技能値」のような計算に落ち着かないためにも)

 資産運用をどのようにするか、というのが、なるべく意識したくなかった悩みどころであったのだが、グランクレストRPGの、軍隊増強ルールを眺めていて、ボードゲームの要素を組み入れてしまうと良いかな、と思った。
 意識したくなかった理由が、資産の変動は、おそらく、ひとつひとつの値に対して判定を何度も行い、その結果を反映させるという、非常に作業的な内容になるだろう、という予測があり、つまらない作業になるのでは、という懸念があったからだが、
 身近なTRPGの楽しみ方として、ゲームを終えた後の余暇で、ボードゲームを楽しむことが多いので、いっそ、そのボードゲームを、システムの中に組み入れてしまおう、という考え方。

 ただ、ボードゲーム上では、数値の変動がものすごく大きい上に、協調型ゲームというのはなかなか成立させ辛い。そして何よりも、作成が非常にめんどい。
 しかし、困難を乗り越える価値はある。