※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 バトルテックでは、PCのHPは基本的に6だった。エムブリヲマシンでは、ダメージランクがあり、判定によってランクが進む方式だった。

 本作では、エムブリヲマシンの方式を採用したい。
 というか、シャドウラン(だったっけ?)
 軽傷/重傷/瀕死/死亡 のランクがあり、判定に失敗すると、ダメージが推移する。
 その際、達成値によっては、ランクが大きく推移することもある(これによって、一撃死の可能性もある)

 受けたダメージにより、どの程度の傷を受けるのかが決まり、判定でそれを回避できたかどうかを決定する、という方法もある。
 その場合、判定の前に、受けるダメージ量が決まっているか、予測できる程度であると、回避にどれだけ力を込めるかの指針が設けられるので、望ましい。

 どちらを取るかは、基本判定のルールが決まり次第、また考えようと思う。

 ダメージ管理パラメーターは一つ(HPとMPを統合)だが、怪我を受ける方法は様々で、攻撃判定に限らず、情報収集判定などで失敗して怪我をする(精神的な怪我)場合もある。

 本作では、すべての対抗判定でダメージを受ける可能性があり、そのために、判定でダイスを振る前に、判定を放棄、逃亡するメリットが生じるようにする。

 と、すると、すべての判定に対して、相手からの反撃が発生する可能性があることになってしまう。
 反撃をルールに組み込む危険を冒して、この一文を成文化するべきか否か、熟考が必要。

 二つ上の案の、後者を発展させた案として、
 PCのHPは、必ず1。という案を提唱してみる。
 まぁ、バトルテックの歩兵と同じ考え方。
 その上で、物理ダメージであれば、PC本人の耐久性に関する能力値と、装備。非物理ダメージであれば、本人の精神力や、入手済みの情報ランクにより、ダメージ軽減判定にボーナスをつけることができるものとする。
 で、「軽傷・重傷・戦闘不能」の三段階のうち、どのダメージを受けているのかを判断。
 受けたダメージによっては、以後の判定に修正が入る。

 なお、情報を防具の替わりとする案、及びすべての判定がダメージに繋がるルールは、鍵開け一つ行うにも、情報収集が重要、という結論になり、シナリオのテンポは遅くなるが、PLの育成にはつながるので、吉。



という、ダメージランクの案は、それはそれで良いものとして、現在は、別の案も検討中。

 HPは、精神的なものも含めた耐久力であり、戦闘終了ごとに全快する値としてしまう。
 バッドステータスとして、怪我、出血、ショックなどを設け、HP減少の代わりとする方が、ダメージの回復に関する演出がやりやすくて良くないだろうか?
 と、現在は考えている。

 バッドステータスの分類を考えていて、思い至った。
 バッドステータスには、「PCへの影響」「効果時間」の二つの要素がある。
 ダメージとひと括りにしても、その内容は多岐にわたるが、大概のゲームは、それを回復魔法や薬で治せてしまう。が、戦闘後まで効果時間が残るバッドステータスを、ダメージと切り替えれば、PLも、今PCが受けてるダメージが、具体的にどういうものなのか想像しやすいし、それに対処する方法も、より具体化できる。

 バッドステータスの効果が重複する、とすれば、段階的ダメージと同様の記述で、かつより具体的で理解しやすいというルールになると思う。

 「HPは1」という考え方も、管理パラメーターを極力軽くするという、わし自身にとって親切な案ではあるが、実際のところ、様々な環境からの、PCへの影響を管理するのが、かえって分かりにくくなると思われる。

 そこで、HPとMPを統合したものを「耐久力」と仮称し、精神的に強い、肉体的に強い、という差別は、防御値によって区別する、という考え方を検証してみたい。
 肉体的なダメージは、物理属性の防具によって軽減できる。精神的なダメージは、精神属性の防具(お守りや勝負服など)によって軽減できるものとする。

 魔法や支援スキルの使用コストは、耐久力から減らすが、スキルコストを、重いものは一度の使用で耐久度全部消費しかねない量にし、防具でその消費を抑えられるという仕組みにする。
 女神転生20xxリプレイの絆ルールのように、アイテムに愛着を寄せれば、精神的ダメージをより軽減してくれるようになる、というアイデアも良さげ。