※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 能力値を決めるにあたり、
「どのような能力値が、このシステムでTRPGをする際に必要なのか」
 という問いから、逆算して決定するのが良いと思う。
 すると、まずは、このTRPGで行われる行為判定の内容を探ることから始まる。

砲撃判定:砲撃など
操縦判定:操縦など
運動判定:戦闘 潜入など
交渉判定:会話 指揮 支援(オペレーティング)など
情報判定:情報収集 情報処理 PC操作など
整備判定:修理 破壊工作など

 これだけあるのであれば、当初操縦スキルは、格闘/回避用操縦と、移動用操縦で分けようかと考えていたけれど、分けなくても良いかも。
 交渉と情報は「戦術」という判定に纏める手もある。今後の手順に、「行動オプション」を纏める作業があるので、それ次第ではまとめてしまっても良いかも。
 あとは、趣味系の判定か。

 戦闘と潜入をひとつのカテゴリーに集めて、個人戦闘系をひとつの判定基準値でまかなってしまうというのは、乱暴だけれども、個人戦闘を重視しない方向性を示せて良いと思う。
 ロボット物で、どこに主眼が置かれるかといえば、ロボット。故に搭乗者の能力値は極力簡素にしたいものだけれど、そこでエムブリヲマシンRPGは、かなり秀逸な方法をとっている。
 つまり、クラスをそのまま能力値にしてしまっているというもの。これであれば、今まで「クラス/能力値/判定値」と三つに分かれていたものを、たったひとつで(厳密には、組み合わせで)表現できる。
 かなり良い案に思えるのだけれど、採用するには、削りすぎによって表現力が減じていないかの検証が必要なように思える。

 ...検証を頭の中だけでしてみた。
 いってみれば、クラスだの能力値だのは、判定値に対する「服能力値」的扱いになる。
 中には、判定値とはまた別に能力値を使用するシステムもある(S=F系、GHなど)が、人間部分を特に重視しないロボットものでは、不必要と判断できる。(バトルテックでは、砲撃と操縦の判定値しか能力値は無かった)

 で、あれば、あとはエムブリヲRPGの猿まねから、どこまで発展できるか、だな。
 まんまパクリというのは、矜持が許さないし...
 ↑
 ふと、思いついた。
 '15.11現状、判定への修正は、プロで+1、ベテランで+2 レジェンドで+3 くらいのバランスを考えていたのだが、
 スキルではなく、個人の特徴(キャラクター性?)が、PCのデータのすべてとする。
 その特徴を、それぞれの判定の副能力値とし、特徴×2で、判定+1、×4で+2、×8で+3、とするのが良さそうだ。
 ある程度キャラクターを演出する援助になるパラメーターが存在し、かつ判定への修正は最小限に抑えられる。
 すると、 キャラクター作成時の特徴所持数は4 。(ガープスみたく、3+2という手も) レベルアップすると、新しい設定や、技能が生えてくる。 という案はいけそうだ。

 ライフパスで、ある程度技能の取得を制限することは、当然行うことではあるけれど、明記しておくべきだと思う。能力値の割り振りは、完全自由では無く、ライフパスなどで、半分以上は決定する。
 バトルテックのキャンペーンをやった友人から聞いた、判定目標値がマイナススタートになるPCがいた、という例を反面教師としたい。


 カンパニーを絡めた数値調整をどうするか、問題だ。
 カンパニーの役職によるボーナス、という、カンパニーというアイデア発案当初考えていた案が、現在の、数値変動のふり幅が極端に少ないルールの中では、再現しにくい。
 戦闘データでなく、経営データに特化してしまう手があるが、そうすると、「なぜそのルールが存在するのか」という、根本的な問題につながりそうで怖いなぁ。