※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

なんで押井映画二つしか取り上げられてないのよ。押井の前の人はどうした、とか、ニューロマンサーに言及しねぇのかよ、とか、手塚様とか石ノ森さんとかはどうした、とか、まぁそういうのは置いといて。

 NHKでやってたサイボーグを特集した番組を見ていて、国民総サイボーグ化された共産主義国家なんてのがあると面白そうねー、とか思いました。
 神経接続でロボの操縦は反応が非常に早く、刹那を争う戦場では非常に有利な肉体特徴がある(ルール的にはまずはイニシアティヴへの特典として処理)というのは序の口。
 特集番組では、サイボーグ化した人々の意識について追求していましたが、ネットで各々の意識がリンクした世界では、「個々」の存在が、つまりは「統合失調症」の状態にあると見なされ、「治療」が国家意識に対して行われる社会があると、かなり面白そう、とか考えてしまいました。

 しかしなんだね、作業用外骨格はもう作れるね。これからはフォークリフトのかわりにそっちを普及させて欲しいなぁ。